FC2ブログ
  
 本日のウォ藩では騎士団長さんのドッグス・オブ・ウォーと、わがエンパイアで1000ポイント戦を戦ってきました。

編成は、こんな感じ

○エンパイア
・ジェネラル=ウォリアープリースト(+1セーブ鎧装備)
・アンバーウィザード
・主力としてスピアマンx25(バナー、楽器付き。分隊はフリーカンパニーとアーチャー。)
・控えにハルバーディアーx16
・遊撃にピストラーx5とナイトx5

○ドッグス・オブ・ウォー
・ハイアリング・ウィザードとペイマスター
・ピラッツォのロストレギオン(15人)
・メンギス・マンハイドのマンフレイヤー
・クロスボウマンx10が2部隊

 写真があまりうまくとれていないのと、細かい展開をかなり忘れているのとありますが、印象に残ったてんをいくつかつづきに書いておきましょう。
 だいぶ7版の様子もわかってきたので、時間のあるときにエンパイア、ドワーフとも7版のルールを睨んだ形で充実させていきたいですねえ。



○その1:魔法
 双方「獣の魔法体系」持ちのウィザードが入っていましたが、「Bear's Anger」は結構強いですね。殴る回数+3というのは圧倒的なので、マジックアーマーで守りを固めたキャラにかけて一騎討ち挑むと楽しいことに。
 4+キャストのリメインスペルなので、相手ターンにパワーダイスの残りでディスペルされる可能性は高いですが。

○その2:建物
 建物ルールを導入して遊んでみましたが、スカウト能力持ちのマンフレイヤー隊に建物を占拠されてえらい目にあいました。なにしろ、もとから特殊能力で射撃があたりにくいので、ほぼヒットロールの必要な射撃はあたらず、1階建ての建物からも11発毒付きのリピータークロスボウで撃ってきて、そのうえグレートウェポン持ちでエンパイアの一般的な歩兵では叩き出すのはほぼ不可能という詰みの状況に陥ってしまいました。おかげでクロスボウマンの射撃とあわせて、ハルバーディアーが残り1人までけずられて、ハンドガンナーも半壊する有様に。
 テレイン配置の7版の変更部分を読み落として、戦場のど真ん中に近いところに建物を置いてしまったせいもありますが、そのミスがなくても大差なかったかと。

○その3:パニック
 今回は双方心理ルールが作用しやすいアーミーということもあって、パニックが戦況を左右しました。
 3ターン表には、クロスボウマンをチャージ範囲におさめていたナイトがキャノンで抜かれて、1ターン目のセーブ事故で4体に減っていたためにパニック判定を強いられてパニックしてしまいました。
 終盤にはエンパイア側ターンに下のような状況で、
(1)スピアマンが突撃宣言、クロスボウマンは「逃走!」を宣言
(2)ロストレギオンが再結集
(3)クロスボウマンが逃走の結果ロストレギオンを通過
(4)ロストレギオンがパニックして盤外に逃走
というようなパズルのような玉突き状況が発生してしまいました。

 <ロストレギオン(逃走中)>
 <クロスボウマン(「逃走!」を選択)>

     ↑突撃!
 <スピアマン>

10.23 (Mon) 00:31 [ WHFB ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント
隕石鉄の鎧
>騎士団長さん
 エンパイアは通常装備でフルプレートアーマーがあるアーミーだからか、かなりマジックアーマーは充実しています。結局1発も相手の攻撃が当たらなかったので、「隕石鉄の鎧」着てるという暇がなかったですが。
 こちらはジェネラルがやられるとユニットの士気が7しかないので、さすがに守り固めずに熊パワー注入したりはできません。
---------- Asch. [ 編集] URL . 10/23, 22:23 -----
対戦有難う御座いました。
玉突き事故が無ければ、もう少し戦えたと思いますが、プリーストのセーブそんなに低かったんですか、予想外です。
普段DEかChaosなので、全然LDチェック気にしていませんでしたが、人間だと結構失敗しますね。
---------- 騎士団長 [ 編集] URL . 10/23, 21:17 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/85-d8447931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)