FC2ブログ
  
 さて、昨日9月24日のウォ藩では、わたしとジェームズさんの40K対戦の他は、みんなして日本版も届いたばかりのWHFB7版のルール談義その他の雑談にふけっていました(苦笑)

 7版のルールについては、英語版が届いた時点で変更点のメモを書きましたが、やはりドワーフやエンパイアに絡みそうなところばかり見ているし、英語で拾い読みしているので重要な変更点の見落としがありました。

1.接近戦の処理手順
 接近戦の章の1頁目に大きな変更点がありました。複数の接近戦が発生している場合、ターンプレイヤーが選んだ順に逃走・追撃の処理も含めて戦闘を1つずつ解決します。
 したがって、前回紹介した「追撃中の新たな敵との衝突」のシチュエーションが、接近戦フェイズの冒頭で接近戦が発生していて、かつ戦闘の処理を終えていないユニットとの間で生じることがあります。
 この場合、追撃してきたユニットが突撃宣言を選んだ場合は突撃移動の処理をした後新たな突撃先の戦闘の処理の際に、その戦闘に参加できます。この際、逃げた敵を追えませんが(狂乱、憎悪していても)、その他は普通の突撃をしたターンと同じように戦闘することができます。

 なんかブレトニアのナイトがさらに感じ悪いことになった気がします。ただでさえ、「ランクボーナスには横5人必要」の変更で他のヘヴィキャバルリーが10騎でかつかつ2列のところ、3列分のランクボーナスをもらえる上に、上手く運用すれば(相手のLdにもよりますが)1回のチャージで敵ユニットをまとめて2つ片づけることができるわけですから。
 あとは、後方でのユニットの運用に気を使わないで済む(安んじて予備選力を置いておける)という意味で、戦意喪失しないユニットの安心感が相対的にアップしましたね。

2.テーブル外への移動
 移動の項目(15ページ)に、「テーブル外にユニットが出るのは逃走・追撃のときのみ」と明記されました。

 スクイッグやフェナティックが盤外に飛び出さなくなったという意味で、オーク&ゴブリンと戦う上での頭痛が増えましたね。「どくろ峠」でナイトゴブリンを2ユニット分くらい買ったせいで、みんなフェナティックを増やす気満々のようですし。
09.25 (Mon) 21:56 [ WHFB ] CM5. TB0. TOP▲
  
コメント

>ざんじさん
 マイナーは追撃距離が1インチ短いという特徴がありますからね。でもマイナーがサイドチャージした先に、ドワーフの主力と接近戦中の敵が見えていたら、先にマイナーの接近戦処理をやる意味は十分ありますね。

 あと敵が業界の果て氏のいう『2段受け』(1段目は釣りで、追撃や猛進で2段目のユニットに突撃させておいて、次の自軍ターンにサイドチャージを仕掛けるといった運用)を狙っている場合は、ライトキャバルリーやスカーミッシャーを2段目に突撃させてともかくも接近戦を発生させておいて、「追撃中の突撃!」で主力を参加させて、1つの接近戦フェイズで2ユニットを一気に刈り取るといった対抗策もありそうです。
---------- Asch. [ 編集] URL . 09/26, 21:39 -----

この部分が7th最大の変更点だと思ってます。
サイドチャージがしやすくて、1ターンで敵を撃破できるユニットが、このルールを活用できそうですね。
マイナー、コールドワンライダー、ブラックナイトあたりでしょうか。
オウガは足は早めだけど追加移動がないので、狙って起こすのは難しそう。
---------- ざんじ [ 編集] URL . 09/26, 19:11 -----

>まるまさん
 受ける側が「迎え撃て!」できない以外は普通のチャージ宣言として扱うので、追撃でもブルチャージ発生しそうですね。
 でもブル3、4体だとランクボーナスも旗もないところを狙ってぶち破らないと、返り討ちが十分ありそうですよ。オーガはLdが高くないので、逃走でパニックを誘発して後続が総崩れになる危険もありそうですね。
---------- Asch. [ 編集] URL . 09/26, 17:23 -----

上手くすれば1ターンに追撃含めて2回ブルチャージとか発生するんですかね~。
オーガはランクを得るのが難しくなったし、3~4体くらいをブルチャージ目的のみで小刻みにぶっぱなす戦い方になるかもッスね…うーん。
---------- まるま [ 編集] URL . 09/26, 01:34 -----
自己レス
mixiをのぞいたら、ほぼ同じタイミングでざんじさんが逃走・追撃の所を書いてました。チャリオットのところをすっ飛ばしてましたが、逃走中にもチャリオットのインパクトヒットが出るのはヤバイですなあ。
 その点ブルチャージは突撃時の効果なので、逃走で味方をひき殺すおそれはなさそうですね。味方を肉弾ではねとばしながら逃げまどうオウガは絵的には見てみたいものがありますがw
---------- Asch. [ 編集] URL . 09/25, 22:09 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/72-d55b65af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)