FC2ブログ
  
060909_ruin01b.jpg

 朝から天気が良かったので、ベースも含めてモデリングが終わっていた、「帝国の都市」の廃墟群のスプレー作業を屋外ですませました。
 楽をするためにラフコートスプレーを使おうと考えていたのですが、以前(旧日記時代に)書いたように、粒子の飛び散り方が激しくて室内用のペイントブースでは吸いきれないのです。
 朝からお昼までかかって(その間ウォーマシンの追加モデルをリューターで削りつつ)、バシリカ、サンクトゥム系の2棟の建物のスプレーを完了し、ベースに吹きはじめたら1棟目でラフコートが切れてしまいました。以前ホビーセンターで聞いた話では、もう国内流通にはのらないらいしので、残念。
 今回はベースにハードボード(つまりは木材)を使っているので、後日改めてジェッソで下処理をすることにして、残るファクトゥラム系の2棟を、ボルトガンメタルのアンダーコート(絶版品)でスプレーします。目が粗すぎて普通のモデル用としては封印していましたが、サビの浮いた廃墟を表現するにはちょうどいいですね。

 写真は夜を待って、墨流しをグレーの建物はChaos Blackで、ボルトガンメタルの建物はChaos Black + Vermin Brownですませたところです。ファクトゥラムは色の違う素材でつけたガレキなどのデティールの塗り直しさえすませれば、このまま実戦投入できそうですね。グレーは、ラフコートがCodex Grayよりもさらに暗い色合いなので、やはり色違いや吹き残しの処理をすませた上で、Codex Grayあたりでドライブラシするのがよさそうです。

09.09 (Sat) 22:51 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント

>まるまさん
 この方法で行く場合の問題はスプレー作業のできる場所(本文にあるようにテクスチャつきのスプレーは粒子が粗くてブースで吸い取りにくい)と、ウォッシングした水気の多いペイントが垂れても平気な作業場所の確保ですね。

 あと、同じ「帝国の都市」で作ったインペリウムのラスキャノン砲台は、タミヤのラッカースプレーのガンメタルで塗ったのですが、上から水で薄めたシタデルペイントを塗ってもはじいてしまって、汚い仕上がりになりました。水性塗料等ウォッシング(や仕上げのドライブラシ)に使う素材とスプレーの塗膜との馴染みも事前にジャンクパーツ等で確認した方がいいでしょう。
---------- Asch. [ 編集] URL . 09/11, 00:56 -----

おお…
なんとなくめんどくさそうで積んでいた帝国の都市ですが、スプレーしてしまえば完成(実戦投入可能なレベル)までは近そうですね!
自分も今度作ろうかなーと感じました。
---------- まるま [ 編集] URL . 09/10, 09:37 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/58-fe669741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)