上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 NagoyaHammerのボーダープリンスキャンペーンも5ターン目に入っています。
 このターンは,オウガのHQを占領した我が軍が奪還を目指すオウガの攻撃を耐えれば,オウガが属国化。しかし,自軍もHQ占領を目指すThe Underdwellerさんのリザードマンに対してHQを防衛するという緊迫した情勢です。
 10月末にリザードマンに敗戦し,本陣陥落が確定しているのですが,オウガの属国化をかけて,11月定例会でYellowStreakさんのオウガと対戦しました。


 今回のエンパイアは,このターンの行動で本陣を要塞化したことによる見張り塔一つに加えて,フォズリックの折り畳み砦を持ち込んで塔2つにハンドガンナーとクロスボウマンをこもらせて,ウォーマシンと合わせて撃ちきってやろうという魂胆の編成でした。
 しかし,さいの目でシナリオを決めたところ,「見張り塔を巡って」。「塔を建てているエンパイアが防衛側でこのシナリオをプレイしよう」ということになりました。
 コアの州兵がどれも本隊=分隊セットの編成だったために塔に初期配置できず,やむをえずハンツマンを塔のそばに斥候部隊として配置して,1ターン裏にハンツマンが塔に入って2ターン表のオウガの襲撃をなんとか1人残しでしのぎ,3ターン表に入れ替わりにハンドガンナー(ジェネラル,バトルウィザード合流)が入るというやり方で塔を確保しました。
 攻防の対象である塔に襲撃をかけているユニットが,塔自体の陰に入って十字砲火を浴びせることができず,他のユニットに蹂躙し尽くされて残るは塔2つにこもったキャラクターとユニットだけという状態になり,中央の塔の中も,ジェネラルとマークスマンの2人だけというところまで削られた5ターン目の終了時に,5の目を出して救援が到着し,エンパイアのシナリオ勝ちとなりました。

 今回は相手がオウガということで,8版アーミーブックになってから初めてヴォレイガンを使ってみました。今回はマスターエンジニアの「弾道学の権威」をすべてのウォーマシンに使えるので,射4,アーチラリー1つ振り直しという条件で使うと射程が短くなったとはいえ,ヴォレイガンもまだまだいけますね。ミスファイア2つ以上出さないと故障しなくなった分,振り直し付きならユニット相手にはキャノンよりも安定したダメージを叩き出せるように思います。
11.26 (Tue) 23:00 [ WHFB ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/506-98577435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。