上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 このシリーズを始めるにあたって、紙テレインの弱点として、「軽すぎて動きやすい/転がりやすい」という問題を挙げました。そのわかりやすい解決策が、「紙テレインの長所を損なわない程度にオモリを仕込む」というものです。
130630_blastbarrier.jpg
 例えば,このプレキャストコンクリートの障壁の紙テレインですが,厚さの割に高さがあるので,対策しなければ簡単に転んでしまいます。
 TommyGunさんがWarSeerで紙テレインを投稿していたスレを見ると,軽さ対策にコインを建物の底に貼り付けています。アメリカの場合,ダイム硬貨がかなり小さいので,この障壁のような底の狭いテレインにも使えるのですが,日本の硬貨でオモリに使いやすそうな10円玉は,残念ながら直径が大きくて,こういった小物の底には仕込めません。
 そこでわたしが利用しているのは,100円ショップで買ったおはじき(一般的な円盤状のガラス製のもの)です。写真の障壁の場合,底の内側にあらかじめ間隔をおいて2個のおはじきをセロテープで貼ってあります。それだけでも起き上がりこぼしの要領で,簡単には転ばなくなりますし,マットとの摩擦が増してずれにくくなります。

 この応用編としておすすめしたいのが,ペーパークラフトのサイコロの中におはじき等の平らなオモリを仕込んで,カウンターに使うというものです。
130630_counterdice01.jpg
 これは,「科学体験クラブ府中」さんの正多面体ペーパークラフトの展開図をフォトショップ加工して自分用に作ったものです。(他にも正多面体の展開図は色々ネットで見つかりますが,こちらのものがのりしろ等よく考えられていて作りやすいのです)
 ダイスをカウンターに使うというのはミニチュアゲームではよくやることですが,その際問題になるのは,(1)判定に使っている他のダイスに紛れやすい,(2)テーブル上にあるのが当たり前すぎてカウンターを回すのを忘れやすい,(3)もともとよく転がるように作ってあるものが多いので,引っかけた拍子に転がって目がわからなくなる,といった性質です。
 ペーパークラフトのダイスは重さが偏っているので乱数発生器としては使えませんが,面の中に収まるサイズの平たいオモリ(硬貨,おはじきなど)を中に入れて組んでやると,起き上がりこぼしの原理で多少ひっかけたくらいでは転がらず,持ち上げて意図的に回すとオモリが下になった面に落ちて,置くと新しい目でまた安定します。また,普通のダイスとしては使えないので,他のダイスに紛れることがないし,盤面にあると目を引くので数え忘れが減ります。
 この作例ではたまたま手元にあったダイム硬貨を使いましたが,おはじきでも十分機能すると思います。
 ペーパークラフトのダイスは,例えばこんなものがWeb上で見つかります。(リンク先のものは,原寸で出力すると相当に大きいので,A4の紙に4ページといった形で縮小印刷するのがよいでしょう)
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/503-80ba6b49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。