FC2ブログ
  
 ちょうどインペリアルガード兵の製作をはじめたばかりのところで、「コデックス:インペリアルガード」の日本語版がGWJのホームページでダウンロードできるようになりました。(実は今の時期IG兵を作り始めたのは、8月末には日本でIGミニチュアが正式リリースされて買い足しやすくなるからという読みもあったのですが)

 背景設定も含めてほとんど英語版で読んでいたので、わたしにとっての楽しみは「GWJがどういう日本語をあてるか」ということと、ドクトリンを含めたフルスペックのIGがGWJ主催のイベント等で堂々と遊べるということあたりです。
#Engineseerが「機動予見者」ってのはどうかと思いますが

 さて、うちのインペリアルガードの連隊(レジメント)の設定ですが、ディーモンハンターにたびたび徴発されることや、ディーモンハンター用に塗ったミニチュアも流用できるようにするということからこんな感じの設定とドクトリンを考えています。

[名称]ニーベルング第○連隊

[設定]人口稠密かつ工業化された工業世界ニーベルング。「文明の時代」に設置された気象制御装置はほとんどが機能停止し、人口の大半は地下の鋼鉄都市(ハイブ)に居住する。ハイブの奥深くに巣くう異端、混沌信仰の根絶のため、また帝国技術局(アデプタス・メカニカス)の機械神崇拝を監視するため、その月には「アイゼンブルク」と名付けられた聖異端審問庁の要塞が置かれている。
 ニーベルングで徴兵・組織される各連隊はニーベルングの聖なる宝である「ニーベルングのハンマー」をかたどったシンボルを連隊旗に描いている。工業世界故の高度な装備を身につけた兵士は、皇帝陛下のためには犠牲をいとわない。大半の市民が工場労働者として単調にして過酷な労働の日々を送るニーベルングでは、皇帝陛下のために銃を取ってたたかうのは大変な栄誉と見なされている。

[ドクトリン]
・選択制限解除:ストームトルーパー
・選抜歩兵連隊
・鉄の掟
 の3つはディーモンハンター用に作ったストームトルーパーを活用するために確定なのですが、残りの2つは迷いますね。候補としては、

・選択制限解除:テックプリースト・エンジンシーア
 …ディーモンハンター用に作ったサーヴァイターを有効活用するため

・射撃の名手
 …BS3のIG兵の命中率が1/12上昇するのはバカにならないかなと。

・軽歩兵
 …「浸透戦術」で配置できて、かつ「通行しにくい地形」のサイコロを3つ振れるのは、シティバトルでは有効そうです。

・選択制限解除:ラフライダー
 …ティラニッドやネクロンに「キャバルリー/ビースト」や「ジェットバイク」など「通行しにくい地形」だらけの戦場で高速移動できるユニットの便利さを見せつけられたので、ラフライダーに魅力を感じてしまいますね。キャバルリーの基本能力に「強行軍」が組み込まれた分、攻撃回数+1とか、ハンティングランスは突撃を受けたときもパワーウェポン扱いとか能力の底上げがされていますし。
09.01 (Fri) 22:09 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/50-649a931d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)