上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は,沖縄からカネチャンさんを迎えて,カネチャンさん&G&Gさん 対 雪兎さん&わたしのタッグで,ストーム・オヴ・マジック(以下SoM)を遊びました。各陣営が,3200と2000という変則的な形でのタッグです。

120728_sw03.jpg
 初期配置完了時の状況です。
 今回はSoMの標準シナリオをアレンジして,盤面中央に浮遊島(神秘の柱)を置いて,テーブルクォーターに1つずつ神秘の柱を配置するという方法でテーブルを作りました。270cm×120cmという横長の盤面に,かなり広く神秘の柱が分散する形になりました。

 少し巻き戻してアーミーの紹介です。

120728_som02.jpg
 カネチャンさんのウォリアーズ・オヴ・ケイオス全軍。
 WoCのモデルは幅広くお持ちですが,今回は「勝負が柱の取り合いなので,ユニットの撃破は必要ない」「エンパイアがウォーマシン山盛りで普通の歩兵はいないだろう」という判断で,ソーサラー×2,ディーモンプリンス×2(全員ティーンチの印)でウィザードの数を確保し,打撃力のあるユニットはトロール王+ケイオストロールとコーン・ロード合流のケイオスナイトという編成です。

G&Gさんのダークエルフは写真をとる間がなかったのですが、ハグ・クィーン、ソーサレス(ダークペガサス騎乗)、アサシン(スペキャラ+2人)に、ウォリアー(スピア、クロスボウ各1ユニット)と5人編成のウィッチ×4,ヒドラ×2,M&M枠でラマスとコカトリスという編成です。

120728_som01.jpg
 雪兎さんのブレトニア全軍。キャラクター以外は全部コアで編成されています。
 サンダータスク騎乗ジャイアントは,サンダータスクが発売されたときに雪兎さんが「アーミーブックの更新でブレトニアにモンスターが入るとしたらこんなのだろう」というでネタで,食玩のパーツを流用して改造したものです。実はコアのモデルは,今回このモデルをモンスター&マジック(以下M&M)枠で使うのに合わせて2月ほどで製作したものです。


120728_som00.jpg
 わがエンパイアの全軍。ヴォルクマールをジェネラルに,グリフォン騎乗アンバー・ウィザード・ロード,アーミースタンダード,バトル・ウィザード×2,ウィッチハンター×2。ハルバーディアー(命令の冠をかぶったキャプテンが合流)&デタッチメントと,グレイトソード&デタッチメントで神秘の柱を囲って,敵の飛行モンスター等からは守ろうという腹づもりでの編成です。神秘の柱&敵モンスター対策は,M&M枠のドラゴン,カルノサウルス(ポイントのやりくりの関係で雪兎さんからグリフォンと引き替えに借りたもの),キャノン×2とスチームタンクが頼りです。

120728_som04.jpg
 2ターン表,怪獣大決戦の図。
 ヘルキャノンは1ターン目から,1台が暴走して突出,もう1台が爆発四散ということになってしまいました。1ターン裏に,そもそもヘルキャノン対策として入れていたカルノサウルスが満を持して突撃したのですが,4発の攻撃をすべて外してしまい,2ターン表にヒドラの突撃を受けてこの様相に。結局,ヘルキャノンはしとめたものの,ヒドラにカルノサウルスが倒されてしまいました。

 1ターン表の射撃フェイズで,サイゴールの投石1発でこちら側の柱に乗っていたウィザードが死んでしまいます。そこで柱を守っていたハルバーディアーがまさかのパニック,さらに逃走経路にいたナイトエラントがパニックして,主力のナイト・オヴ・レルムの正面をふさいでしまいました。さらに,1ターン裏で柱に入れるところに予備のウィザードがいなかったため,2ターン目から敵の支配級カタクリスト・スペルが炸裂することになりました。右翼に回り込んだソーサレスが放った支配級の魔力の渦スペルは,ミスファイアで本人も死亡したものの,ナイト・オヴ・レルムの半分とフェイ・エンチャントレスを吹き飛ばしました。

120728_som05.jpg
 2ターン目裏終了時(左翼)。秩序の陣営側は,グリフォン騎乗ウィザードで敵側の神秘の柱やディーモンプリンスにプレッシャーをかけつつ空白になっている神秘の柱を取りに行く動きです。やっかいなヒドラ(ブレスを捨てて自動命中の射撃を取っています)には,ヴォルクマールとソードマンが突撃して撃退済みです。
 中央では,ダムゼルが浮遊島に入り,ようやく柱の数が均衡します。

120728_som06.jpg
 3ターン表,ダムゼルを襲うトロール王。1ターン表で柱の数で優位に立って,あとは後の先をとるべく初期配置エリア前後のあたりで待ち構えていたWoCの打撃ユニットが突撃をしかけます。ケイオスナイトは突撃に失敗したもののケイオストロール(トロール王合流)が柱への強襲に成功し,トロール王とダムゼルの一騎打ちに。哀れダムゼルは吐瀉物攻撃で溶かされる憂き目に遭いました。

120728_som07.jpg
 3ターン裏,ケイオス・ソーサラー対ブレトニア・ロード。

120728_som08.jpg
 3ターン裏,ラマス対グリフォン。

 最終ターンになってしまった3ターン裏,エンパイアはグリフォン騎乗ウィザードが無難に無人の柱に入り引き分け以上を確定した上で,勝利を目指して上の2つの強襲を仕掛けました。
 ブレトニア・ロードはイソールデの髪房(ヒットロールが2+になる)まで使って仕掛けたのですが,ティーンチの印の恩恵を受けた2+ワードセーブを破れませんでした。グリフォンはラマスに1ダメージを入れたのみで殺せず,「揺るぎなし!」の恩恵のおかげでラマスも柱に踏みとどまります。こうして結果は引き分けに終わりました。
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/472-b2298277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。