上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 世の中では40K第6版の到来で盛り上がっているところですが,わたしは最近WHFBのエンパイアの増強作業をもっぱら行っています。
 来る7月28日に沖縄からのお客さんを交えてストーム・オヴ・マジックをプレイすることになったので,その準備がてら8版エンパイアの増強を進めようという次第です。

120704_griffons01.jpg
 すでに色々買い込んだ後なので,できるだけ在庫を作ってストーム・オヴ・マジック向きのロスターに仕立てる方針で作業を進めています。
 モンスター抜きにストーム・オヴ・マジックは始まらないということで,「流血島」のハイエルフ・グリフォンの乗り手を取っ払ってバウンドモンスターに仕立てることにしました。加えてアーミーブック合わせで購入したインペリアル・グリフォンも,このキットでしか作れない双頭&アンバー・ウィザードロード騎乗バージョンとして組み立てました。さすがに最近のキットだけあって,仮組みしなくても問題ないパーツ合わせの良さです。わずかな隙間もほとんどはリキッドグリーンスタッフでスピード修正できるので,あっという間に(実作業時間で3時間かからず)組み上がりました。アンダーコートを吹くときの都合と,首元にわずかに空いている隙間にグリーンスタッフをつめる関係から羽根はまだ接着していません。

 こうして並べると,同じグリフォンとは思えないサイズの差ですね。同じ猛禽でもワシと小型のタカくらい違います。
07.05 (Thu) 23:08 [ WHFB ] CM1. TB0. TOP▲
  
コメント

 確かに体格が違いすぎますよね。
 昔のグリフォンは、ラージターゲットの割には小柄で、新作はまさにラージターゲットって感じですが、せめてグレートグリフォンとか名前を付けて大型亜種にして欲しかったな。
---------- カネチャン [ 編集] URL . 07/06, 19:42 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/470-e1647433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。