上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 レポート3回目は、後半3・4ターン目を振り返ります。

111218_apo07.jpg
「反重力戦車にとどめを刺せ!奴らに足に任せた盗人働きを許すな!」
 サイキャノンを受けて移動不能に陥ったウェイヴ・サーペントに、グランドマスター・アントニウスが突撃する。騎士支団旗を高く掲げた聖戦士達が後に続いた。翼を失った反重力戦車は脆く、吸気口から転がり込んだクラック・グレネードの炸裂で車体は四散した。
 増援として飛来したアスペクトウォリアー達にも、グレイナイトが強力な弾雨を降らせた。ハウリング・バンシーは短距離テレポートで眼前にあらわれたドレッドナイトに焼き払われ、ワープスパイダーはサイボルト弾の一斉射で潰走を始めてしまった。
 さらにはシャドウソード制圧部隊が次々と放つ砲弾に、ウォーカーが、ダイアー・アヴェンジャーが次々と倒れていった。ハイドラ・オートキャノンに加え、対空砲としての能力のないヴァルカン・メガボルターやアサルトキャノンといった火器も、弾数と当たればただでは済まない威力とにものをいわせてヴァンパイア・レイダーに襲いかかった。パルサーが、ミサイルランチャーが、次々と沈黙し、空飛ぶ要塞はその戦闘力を失っていった。

111218_apo08.jpg
 しかし、エルダーの戦士達もただ同胞の死を眺めていただけではなかった。影をゆく狩人、ストライキング・スコーピオンが身を潜めていたのだ。カランドラスのうなずき一つで、ストライキング・スコーピオン達が巨大なドレッドナイトに躍りかかった。稲光をまとったドレッドナイトの拳に仲間を奪われながらも、カランドラスとエクサーチは確実にドレッドナイトの装甲を切り裂き、シリンダーを、動力パイプを切断していく。その姿は、カインの化身そのものであった。


 3ターン表で、帝国側は勝利に大きく近づきました。2ターン裏に到着したエルダー側増援に対して、レマン・ラスがウォーウォーカーを2台撃破し、シャドウソードとレマン・ラス・エクスターミネーターがダイアー・アヴェンジャーを壊滅させます。さらに、短距離テレポートしたドレッドナイトが、装甲が4+でインシネレーターに弱いハウリング・バンシーを射撃で全滅させました。
 左翼でもキャリダス・アサシンがレンジャーを、パラディンがウェイヴ・サーペントを倒します。これで確保能力を残しているエルダー側ユニットは、ウォーウォーカーの生き残り1台(3台で出てきましたが、1台からなるユニット×3でした)とストライキング・スコーピオンだけです。

 しかし、エルダー側はカランドラスと、ストライキング・スコーピオンのエクサーチがここから最後の意地を見せます。ストライキング・スコーピオンも2人の犠牲を出すものの、ドレッドナイトにも2点のダメージを与え引き分けに持ち込んでしまいます。この2人の攻の高いパワーウェポンにかかっては、「そこそこ高い耐・傷のターミネーター」であるところのドレッドナイトがもろさを見せてしまいます。



111218_apo09.jpg
 地響きをあげて倒れるドレッドナイト。それを尻目にカランドラスは、歪みの亀裂を検分していた司書官クラウディウスにその毒針を向けた。
111218_apo10.jpg
 倒れ伏すクラウディウスと暗殺者。カランドラスが率いていたストライキング・スコーピオンの多くは倒れ、もはや歪みの亀裂をエルダーが占拠することはかなわない。やはり狂気にも似た戦いへの欲求だけがこの英雄を突き動かしているのであろうか。
 エルダーと人間、それぞれの種族が誇りをかけて戦った結果、多くの血が流された。エルダー達の多くの魂が精霊石に封じられ、戦場に散らばっている。
 ヴァンパイアに乗り組んだファーシーアの目を通じて戦場を見守るエルドラドの脳裏には、エルダーの戦士達の魂を貪ろうと歪みの亀裂の向こうでうごめく「暗黒の皇子」の軍勢の笑い声が響いていた。

111218_apo11.jpg
 最悪の予知を覆すわずかな糸目を探すエルドラドが見いだしたのは、かつてのウェブウェイ・ポータルの下に開いた歪みの亀裂の前に立つ、一人の人間だった。その亀裂をこじ開け、今回の惨劇を招いた悪魔の皇子「燦然たる」ア・キヌールが今まさに現実世界に顕現しようとした刹那、アントニウスの魂にエルドラドは呼びかけた。

 アントニウスは眼前の歪みの亀裂から発せられる禍々しい気配に身構えた。彼の超常の視覚は、亀裂から這い出そうとする邪悪と美の化身の姿を捉えていた。突如、アントニウスの脳裏に「この瞬間こそ、好機。悪魔の心臓を貫くのだ」と気高い思念が響いた。同時に、悪魔の乳房の下から脈打つ「心臓」が透けて見えた。皇帝陛下の導きか、それとも異星人の声か、いずれにせよアントニウスはその声を信じた。
 ネメシス・フォースソードが深々と歪みの亀裂に突き刺さり、今しも悪魔の皇子として顕現しようとしていた快楽神の魔力を切り裂いた。声なき悪魔の叫び声が、人間、エルダーを等しく打ちのめすも、次の瞬間すべての歪みの亀裂は消え去り、ポート・ゼーランディアは平穏を取り戻していた。

 第4ターン表、帝国側はできるだけポイント差を広げるべく、ランドレイダー・クルセイダーに回収していた、デスカルト・アサシンとライブラリアンを降ろして、ヘンチマンとランドレイダーでそれぞれ1つの目標確保を狙います。また、自陣右翼に置いた目標は、シャドウソードのお供のレマン・ラスが確保します。左翼では、パラディン、第3ターンに到着していたドレッドノートも、それぞれ目標1つを確保します。
 エルダー側はこの時点で、ストライキング・スコーピオンが半壊して占領能力を失い、目標を確保しているのはハーレクイン1ユニットだけでした。ここで「見えなくても撃てる」マンティコアがハーレクインを射撃し、見事にヒットマークを出します。これでエルダー側は目標確保可能なユニットがウォーカーだけになりました。
 それでも点差を詰めるべく、カランドラスが奮戦します。4ターン表にドレッドナイトを仕留めると、今度はライブラリアン&デスカルト・アサシンに襲いかかり、全滅させます。これで結果は4対0で帝国側の勝利です。

12.27 (Tue) 18:30 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/456-2a277920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。