FC2ブログ
  
 今週いっぱい盆休みで関西に帰省中なのですが、せっかくの機会なので、アイコノクラズムに遊びに行きました。

 まずは1時頃から、店長の業界の果て氏のネクロンとわがディーモンハンターで1500ポイント対戦。ミッションは「強行偵察」のガンマレベルです。



 これは2ターン裏(ディーモンハンター手番)の状況です。ターミネーターが早々にテレポートで出現したのはいいのですが、1ターン表にネクロンに先攻をとられて、ガウスフレイヤーの跳弾ヒットで見事にライノが「移動不能」、ドレッドノートが「大破」。これでモノリスを落とす手段が限りなくゼロになりました。その上、車体と残骸が道路を塞いでしまって、インクィジターのヘヴィウェポンチームが敵の本体を狙えないまま、ジェットバイク扱いでテレインを飛び越えてきたスカラベにアサルトされて、最後までロックされてしまいました。

060817_battle02.jpg

 左翼のもう一方の道路でも2ターン表のネクロンの射撃で、やはりガウスウェポンの跳弾ヒットで、グレイナイトを積んだランドレイダー・クルセイダーが「移動不能」「武器大破x2」に。ごらんの手ぶれ写真のように、グレイナイトが打って出ますが、Veil of darkness&Ressurection Orb装備のロードが合流したイモータルが、ウォリアー3部隊の前にずいと進み出してきていて、このイモータルにチャージするしかありません。
 結果として、接近戦のさいの目がふるわなかった(ロードを狙ったパワーウェポンが全部外れた)こともあり、持ちこたえられて、3ターン表にVeil of Darknessのテレポートで接近戦から逃げられて、後ろに控えていたウォリアー群のガウスフレイヤーを50発ほどくらって実質的に全滅しました。(1体だけ生き残って、接近戦で頑張っていましたが、トゥームスパイダーにひねり潰されました)

 敵の中核近くにテレポートしたヒーロー&ターミネーターも、射撃で2体に減らされた上に、けしかけれれたトゥームスパイダーを1回の接近戦で殺しきれず、十字砲火の的になって全滅しました。

 最後に、両翼のストームトルーパーがそれぞれ射撃で逃走に追い込まれ、ランドレイダー・クルセイダーもだめ押しの射撃で大破。ディーモンハンター側はきれいさっぱり全滅しました。ネクロン側は、We'll be Back判定にめぐまれたこともあって、トゥームスパイダー1体の破壊ポイントを取られたのみで、自軍のユニットもほとんどがディーモンハンター側配置エリアに入り込んでボーナスになっています。
 その場ではポイント計算さえしなかったほどの完敗ですが、概算すると2700点前後負けた計算です。

 最後はおまけ写真を。

060817_battle03.jpg


 左翼のストームトルーパーは道路が「移動不能」のランドレイダ・クルセイダーで塞がれてしまったので、廃墟の中を迂回して敵陣を目指します。現在アイコノクラズムに常駐しているこの廃墟テレイン群は実にいい出来です。ごらんのようにストームトルーパーが隠れると絵になります。(この後で1人残して全滅し、Last Man Standingテストに失敗して壊走したのですが)
08.18 (Fri) 00:22 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント

>業界の果てさん
 少数精鋭でさいの目に左右されるとか、移動力が低いとかいったディーモンハンターの悪いところが際だった展開になりましたね。テーブルエッジの選び方や初期配置の仕方はもうちょっと気をつけないといけません。正直Cities of Death準拠の斜め計測のルールのメルタガンへの影響(ビルに登るとほとんど地上の敵に届かない)が予想外でした。

 暑さの方は、関西出身で、実家でも扇風機のみの部屋で大方過ごしていたので、わりとなんとかなりました。
---------- Asch. [ 編集] URL . 08/19, 00:02 -----

うおっと、速攻でアップされてますね。

ディーモンハンターのような少数精鋭のアーミーだと、ダイス目の偏りによる事故をリカバリできないのが辛いですね。ネクロンも少数精鋭だけど、ルール上ダイスを振る回数が増えるので、他に比べると安定してる気がします。

北海道在住の方には過酷な環境になってしまい、すんませんでした。
機会があれば、また寄って下さい~。
---------- 業界の果て [ 編集] URL . 08/18, 23:39 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/40-9f494ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)