FC2ブログ
  
 仕事の方が一仕事片付けた感があったので、今週頭から少し早めに帰宅してボチボチと昨年5月のゴブ友会でのアポカリプス戦(クリックで当日のエントリー)に合わせて作ったディフェンスレーザー要塞の増築作業を行っていました。
 昨年のGW合わせで完成したのはディフェンスレーザーとそれを装備した塔本体だけでしたが、データシートではAAマウント付きのツインリンク・オートキャノンx2とツインリンク・ヘヴィボルターを8台までオプションで取れるということで、ツインリンク・オートキャノンを屋上に据えた副天守的な塔2つを作って、渡り廊下部分にツインリンク・ヘヴィボルターを載せる計画です。


 昨日・今日と2夜作業して増築部分の武装が完成しました。
 オートキャノンは、ディーモンハンター車両のデコレート用に2ランナーバラ買いした、イモレーター用の追加パーツランナーから、他に使うアテのない砲塔部を流用しました。本来無蓋式の砲塔で、シスターが座っているのが見えるようになっていますが、椅子の背の部分を切り飛ばして、プラ板でふたをしてしまいました。オートキャノンは、銃口・銃尾を切り落としたイモレーター用のヘヴィボルターを前後・上下逆さにして、オートキャノンの砲身を接ぎ木しています。
 オートキャノンの台座は、プラネットストライク用のテレインに入っているものそのままです。このプラネットストライクの砲塔基部、レイザーバックの砲塔基部、イモレーターの砲塔、ランドレイダーの前面砲塔(ヘヴィボルターやアサルトキャノンの部分)は、すべて径がほぼ同じで、上に載せる砲の入れ替えが可能なのです。

 ヘヴィボルター砲塔は、ベインブレイドのスポンソン部のラスキャノン砲塔をベースにしています。これも余りばかりで作ってあります。ストームロードは当初普通に敵陣に突入させるつもりで購入したので、スポンソン4基装備でいこうと思い、GW-UKの直販でスポンソンランナーを買い足していました。しかし、結局ファイアポイントを主力武器にして敵に横腹をさらすという使い方に切り替えたため、スポンソン4つ分のパーツが余りました。また、スポンソン用ランナーには、ベインブレイドの車体上の副砲塔につけるツインリンク・ヘヴィボルターの部品が1組ずつついてくるのですが、増設分のスポンソンや、シャドウソード/ストームロード系のキットでは使用しないため、この部品がちょうど4組余っていました。
 ということで、防循をプラ板で自作するだけで、ヘヴィボルター砲塔をでっち上げることができました。
03.07 (Sun) 02:15 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/363-ae243a3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)