FC2ブログ
  
 今日は年内の遊び納めに、ロベルトの自宅に4人(他に岐阜のアウトライダーのミッチと名古屋でおなじみのスチュー)集まってBoLS謹製の「バダブ戦役」のキャンペーンブックのゲームを遊びました。
 反乱軍側はスチューのマンティス・ウォリアーとうちのIG転用のバダブ惑星守備隊です。制圧側は、ロベルトのレッドスコーピオンとミッチのミノタウロスという2種類の(スペシャルルール付き)コデックス・チャプターです。相手を入れ替えて、キャンペーン用のスペシャルミッションで2戦しました。(本来はその後でシナリオの勝敗で手に入れた策略を使ってアポカリプス戦を遊ぶことになっていますが、その部分は後日)
 わたしはレッドスコーピオン相手にプラネットストライクの「クェイク・プラネット」の特殊版(地殻変動のルールが「ディーモンワールドになりかけの世界で生じる様々な怪異」に置き換わっている)を2000ポイントで、つづいてミノタウロス相手に5人のサイカーを戦利品扱いで取り合うシナリオをやはり2000ポイントで遊びました。
 結果は、1戦目が両テーブルとも引き分け、2戦目がミノタウロス、レッドスコーピオンの勝利でした。

 1戦目の写真です。
091228_badab_game01c.jpg
 プラネットストライクにふさわしく、アイアンクラッドが2台も降りてきます。2つある拠点のうち、こちらから見て右翼に降りてきた分は、8割方2枚目の写真のオートキャノンx3の働きできれいに片付けて拠点をキープするめどが立ったのですが、左翼は拠点が大きすぎて射線を遮ってしまって射撃がうまく通りません。最後は地殻変動がちょうど拠点のど真ん中で発動して、拠点に触っていたうちのユニットがはじき飛ばされたために、引き分けに持ち込まれてしまいました。
 「目玉の川」(盤面に横切るのに士気テストが必要な目玉の川が発生するw)とか色々ヘンテコな現象が起きて、毎ターンびっくりさせられました。

 2戦目のサイカーの扱いが、キャンペーンブックでもはっきりしなかったのですが、とりあえず「独立行動キャラクターと同じように2インチ以内に踏み込むと自分のユニットに合流した扱いで連れて回れる」という扱いで合意してプレイしました。終盤までどちらが勝つかわからないいい勝負でしたが、5ターン裏になった段階でそれぞれユニットに取り込んで確保したサイカーが1対3で、3ユニットを始末しないと勝てないという状況になったため、わたしが投了しました。

 どちらのゲームでも、急いで作って持って行ったコミッサー改めエンフォーサーは、例によっていい仕事をしました。
091228_badab_game01b.jpg
 1戦目では、スターンガードを削ってオートキャノンで対処できる人数に減らしたり、

091228_badab_game02a.jpg
 2戦目では、直前のバトルでマンティス・ウォリアーを相手に無双状態だったキャプテン・ミノス合流のユニットを3ラウンド食い止めたりと大活躍です。
 頑張って作った甲斐があったというものです。


12.28 (Mon) 23:58 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/350-41a46c78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)