FC2ブログ
  
090624_penal01b.jpg
 先週末、札幌に出かける前にようやくモデリングが終わっていたペナルレギオン・スカッドですが、今週前半で一気に工程を進めました。大体の塗りは終わって、あとは金属色のシェーディングやベースの仕上げ、額の数字などの書き込みを残すのみです。
 別組織の懲罰大隊の兵士ということで、カラーリングもこれまで塗った他の兵士とは変えました。ただし、服やアーマーに色味が入ると、他のユニットになじまないので、ニーベルング兵ではアーマーに使っているCodex Greyを服の地色にしました。アーマーは、Dheneb Stone -> Graveyard Earthでウォッシュ-> Graveyard Earthを少量混ぜたSkull Whiteでウェットブラシで汚い感じのオフホワイトにしています。
 懲罰大隊は装備もまともなものを持たせてもらえず、帝国兵務局が回収した戦死者の装備品で、新しく徴兵された兵士に回せない傷物のパーツの寄せ集めを着ているという設定です。連隊や従事している作戦で異なる色になっているフラックアーマーを、装甲部分は漂白液をくぐらせ、布地は灰色に染めて、装備を没収されて懲罰大隊に回されてきた兵士に与えているわけです。
06.25 (Thu) 01:14 [ WH40K ] CM3. TB0. TOP▲
  
コメント

>まるまさん
 かっこいいと言っていただいて嬉しいです。デザインナイフとヤスリでカタチャン兵のバンダナを削って禿げさせた甲斐がありました。
 装備がラスガンとCCWだけなので、ガーズマンならどんなユニットにでも当てはめられるのが現行のペナルレギオンの利点ですねw
 ラストチャンサーズがそのうちアポカリプス用フォーメーションで復活するような気もするのですが、そのときはラストチャンサーズの頭数を増やすのにも使えますし。

>ユウさん
 カタチャン兵はワイルドさが売りなので、お行儀のいいケイディアンとはかなり雰囲気が変わるのですが、プラキット(特に普通のトルーパーの分)のモノが古いので、ケイディアンと比べても組みにくいのが難点ですね。
---------- Asch. [ 編集] URL . 06/25, 21:19 -----

カタチャン混じるとやっぱりちょっと雰囲気変わりますな。
それでも同色ペイントして統一感が出せてるのは流石。
---------- ユウ [ 編集] URL . 06/25, 21:02 -----

うおお…こ、これはかっこいい!
スキンヘッド揃えに、不揃いな灰色装備が、なんとも雰囲気出してますね。「これってラストチャンサーズの代用ユニットでしょ~?」なんて思っていた自分ですが、思わず自分も懲罰大隊作りたくなってしまいました!
万一将来の版で消されても、普通にベテランIGスカッドあたりに使えそうなのもいいですよね(笑)
---------- まるま [ 編集] URL . 06/25, 10:33 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/313-55fd3af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)