FC2ブログ
  
 先日のクルエントゥス出撃の際に、エルダーのウォーウォーカーに合体インファントリー・スカッド20人が足止めされてしまったのですが、今日になって振り返ると、実はウォーウォーカーを破壊するそれなりに現実的な方法があったことに気づきました。
 それは白兵戦でのグレネード攻撃です。新しいアーミーリストでは、インペリアルガードのインファントリー・スカッドなど主力のガーズマン部隊の多くがフラグ・グレネードを標準装備しています。フラグ・グレネードの装甲貫通判定は4+1D6ですので、ウォーウォーカーや偵察型センチネル相手なら、跳弾ヒットの可能性があります。十数人が毎ラウンドフラグ・グレネードを投げれば、「移動不能」と「搭載武器大破」の積み重ねで、そのうち大破してくれるはず。
 これにその場で気づかなかったのは、白兵戦でグレネードを投げる機会がこれまでなかったせいでしょうねえ。グレイナイトはグレネードを持てないし、ストームトルーパーは標準装備しているけど、大体降下して1回射撃したら、次のターンに敵にワープブラスト(拡散)とか撃たれて死ぬ運命でしたし。他のインペリアルガード兵も、これまでは1点増しになるオプションだったので、持たせる意欲がわきませんでした。なにせ、フラグ・グレネードを持たせるコストで、プラズマガンが取れちゃていたわけですから。旧版のインファントリー・スカッドなら、ウォーカーと分の悪い殴り合いをするよりも、わざとユニット本体の士気値で士気判定をして逃走し、あわよくば再集結という対処がベターでしたしね。
06.08 (Mon) 00:29 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/306-e561cbfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)