FC2ブログ
  
 今日は(定例の会場を確保できなかった関係で)定例より1週早いウォ藩の日でした。

 今日はエンパイアで2000ポイント戦をしっかり戦いたいということで、エンパイアでは初対戦のたかのをさんのオーク&ゴブリンと対戦です。
 グレイファング&カンパニーと名付けたウォーボス&ボアボゥイを常打ちのリーダーに迎えたたかのをさんのオークアーミーと対するは、ジュディスのモデルを当初の予定通りグランドマスター(というかグランドミストレス)として迎え、10騎編成のナイト・オブ・インナーサークルに合流させた編成のナルン市軍です。偶然とはいえ、騎士団対ボア乗りの対決といった風情になりました。

071021_battle01.jpg

 初期配置はこんな感じでした。
 こちらの主力のグランドマスター&ナイトは、グランドマスターに「勝利の月桂冠」を持たせ(その代わり武器はただのランス)、ユニットにウォーバナーを持たせて突破力を狙っています。

 序盤3ターン表までは
071021_battle02.jpg

 こんな具合に1ターン目の移動では、ピストラーがトリガーになってナイトの目の前でフェナティックx3を放出されたり、うっかりウルフライダーが側面を取れる位置にナイトを前進させてしまったり、とヒヤリとする場面もありました。
(フェナティックは生き残りのアウトライダーとハンドガンナーで2体片づけて、残り1体は家にぶつかって自爆して事なきをえました。また、ナイトは後ろ向いて進んで前に向き直って、という機動で後ろに向けてホイールして側面暴露を避けました。)

 また、3ターン表にフラジェラントがオークユニットにフェナティックを踏みつつ「狂乱」効果で突撃しましたが、3ターン裏には二刀流オークの地力とナイトゴブリンの加勢でご覧のような死屍累々の状態になってしまいました。
071021_battle03.jpg


 3ターン裏以降は、つづきにて。

 しかし、3ターン裏に流れが大きく変わりました。
 まず、エンパイア左翼では、ウォーボス合流ボアとナイトゴブリンに突撃されたハンドガンナーがうまく突撃距離外に逃げ出し、ナイトゴブリンとボアを、ナイトとスピアマンにそれぞれ側面をさらす場所にがっかり移動で釣り出すことに成功しました。

 中央ではフラジェラントを囲んでの戦闘が膠着し、フラジェラントが十分に足止めの役を果たします。

 次に、右翼ではソードマンに二刀流オークが単独で突撃し、ソードマンで受け止め、ハルバーディアーでカウンターチャージする理想的な受け止め方に持ち込むことができました。サベッジオークがまともに動いていれば、分隊にも突撃をかけて連動を封じることもできたのですが、残念ながら途中で仲間割れを起こして立ち往生してしまいました。
 この戦闘は、カウンターチャージで側面を取り、合流したグリフォン旗の効果でリザルトを稼ぎ、ヒーローx2も相応に活躍しという流れで一気に戦意喪失に持っていくことができました。
071021_battle04.jpg


 さらに4ターン表には、ナイトがナイトゴブリン、スピアマンがボアボゥイに側面突撃を成功させます。当然ナイトから先に戦闘をして、ジュディス1人で8点リザルトを稼ぐ猛突撃振りで、追撃中の突撃でスピアマン対ボアボゥイの戦闘にも参加します。

 しかし、ソードマン&ハルバーディアーのサベッジオークへの突撃は、グリフォン旗の効果をもってしてもチョッパを振り回すサベッジオークの地力に1ラウンド目から1点負けする始末で、膠着状態に入ってしまいます。
 ウォーボス&ボアボゥイに追いつけなかったスピアマンは生き残り1+2体に正面から突撃しますが、これもウォーボスの活躍に負けないものの僅差のリザルト勝ちしかできず膠着してしまいました。

 結局最後は、5ターン裏に(直前にフェナティックが突っ込んでランクボーナスが1減っていたことも響いて)1点差でサベッジオークが負けたことで「狂乱」がとけたことで一気にバランスが変わり、6ターン表にサベッジオークを敗走させることもできました。

 結果的に、オーク側は、仲間割れで足止めを食っていたサベッジオーク1つと、ロックロバー1つ、そしてジェネラルだけしか残らないというところまでエンパイアが喰い進み、我がエンパイアは久しぶりの「皆殺し!」を納めることができました。
10.22 (Mon) 00:03 [ WHFB ] CM4. TB0. TOP▲
  
コメント

>卍丸さん
 オーク&ゴブリンの場合は、アニモシティで動かなくて突出するユニットが出ても普通は次の自軍ターンには両隣のユニットが追いつくし、突撃したターンに負けることはまずないので、側面チャージされるほど突出しないように注意すれば、マヌーバの基本としてはそれでよいんでないですかねえ。
 相手がエンパイアだと、「カウンター突撃!」とかでおかしな事になりますが。
---------- Asch. [ 編集] URL . 10/26, 21:59 -----
お疲れちゃん
まともに動いていればナイトがもたもたしてる間にエンパイア右翼から半包囲が可能だったんだろうけどなぁ・・・アニモスティが起きても大丈夫なマヌーバーを考慮した戦術が必要でオーク&ゴブリンは玄人向けかもな。まあグリーンスキン熟練して玄人になればいいわけだが
---------- 卍丸 [ 編集] URL . 10/24, 21:09 -----

>騎士団長さん
 だいたいおっしゃるとおりだと思います。
 写真で見てもO&Gはオークのベースの大きさも戦力の集中という面では災いしていると思います。
---------- Asch. [ 編集] URL . 10/23, 23:23 -----
お疲れ様でした。
OGは、戦力を横に広すぎて、各箇所で個別激はされてましたね。
アニモスティが、OGの主力である所のユニットで発揮され動かなかったのが、流れを決めてましたね。
OGの悪い所が、発揮された感じです。
---------- 騎士団長 [ 編集] URL . 10/22, 17:00 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/193-6dba4377
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)