FC2ブログ
  
 昨日のウォ藩では、先月対戦途中で時間切れになってしまった40Kのネクロン(レックスさん)対IGニーベルング第13擲弾兵連隊(わたし)の対戦を1750ポイントに規模を拡大して再戦しました。
 ミッションはガンマ固定で種別のみランダムで決めたところ、「目標を確保せよ!(Secure and Control)」になりました。わたしの自作の戦利品マーカーはケイオス4大マーク付きの石板型になっています。帝国の輸送船が押収したケイオスの魔力を帯びた石板を輸送していたところ、立ち寄った惑星で「歪み」の力を嫌うネクロンの墓所の警戒システムに撃墜されてしまい、散逸した石板を回収しようとする帝国兵と石板を確実に破壊しようとするネクロンの間で戦闘が発生したというような状況でしょう。

 お互い対戦予約をした上での対戦で、双方敵アーミー対策をしています。モノリスが入るとは聞いていたので、IG側は普段入れないラスキャノン・チームを2つ入れて、ラスキャノンやミサイルランチャーを持ったスカッドに軽歩兵のアップグレードをつけて、モノリスが実動する前に重火器の十字砲火で倒そうと意図していました。ネクロン側も、しっかり破砕フィールドつきのスカラベを入れてきています。

 さて、戦いはネクロン先攻で進められました。
 初期配置時にバジリスクの正面に配置されたスカラベに対して、こちらはそのピッタリ18インチ前に軽歩兵のスカッドを並べて、「先攻を取られても、スカラベがこのスカッドに食いついて、IG兵が敗走したところをモータースカッドで撃てるだろう」という算段でいました。しかし、サイの目の悪戯で、このスカッドがネクロンターンに突撃を受けて引き分けて、IG側ターンの接近戦で負けて掃討されるという最悪の粘り方をしてしまいました。

070930_40k01.jpg

 そんなわけで、2ターン表にバジリスクがお亡くなりになる事態に。
 「モノリスには初手だけ砲火を集中させて、あとはバジリスクとレマンラスでひたすらネクロンを撃ってフェイズアウトを狙う」作戦に大きな誤算が生じました。

 同じ2ターン表にはモノリスが戦場のど真ん中に縦深攻撃で出現します。初期配置段階ならラスキャノン3門+ミサイルランチャー2門+アースシェイカーで十字砲火を浴びせられる場所なのですが、2ターン表の射撃でラスキャノンのうち1門がパニックで逃走していました。そこで、レマンラスなどのラスキャノンもモノリス撃墜はあきらめてしまいました。

070930_40k02.jpg

 しかし、3ターン表からはご覧のように、毎ターンネクロンがワープして肉迫してくる状態に陥ってしまいました。3ターン表にヘヴィデストロイヤーの射撃で「移動不能」になったレマンラスは、毎ターン20発前後のガウスウェポンの射撃を受けて、「衝撃!」で何もできないままになってしまいました。

 ニーベルング第13擲弾兵連隊の将兵も、ラピッドファイアで一気に車両やスカッドにダメージを与えようと前進してきたネクロンに果敢に白兵戦を挑み、コマンドスカッド+αの働きで2度ネクロンに勝ち、1回は士気判定で粘られてワープで白兵戦離脱されたものの、もう1回は修正値無しの士気判定(目標10)にネクロンが失敗し、ウォリアー8人ほどをごっそり盤面から取り去ることに成功しました。
 善戦の結果、ネクロンを残り16体まで削り、もう一息でフェイズアウトだったのですがかないませんでした。戦死者によるポイント差は100ポイントに満たない僅差だったのですが、戦利品マーカーを全部ネクロンに確保されたため、ネクロン側の圧勝に終わりました。

 レックスさんと同じくティラニッドからネクロンに手を出した一縷さんが話していたネクロンの難しさ、面白さがやはりこのゲームでもよくでていました。
 アースシェイカーやバトルキャノンでもないとほとんど削れない堅さやガウスフレイヤーのラピッドファイアの破壊力(1スカッドの人数が多いので30発くらい撃てる)がある一方で、それと背中合わせにパワーフィスト持ちのコミッサーあたりに殴られると簡単に白兵戦に負けて、1スカッドまるまる掃討されていなくなってしまうもろさがあるのが面白いですね。
10.01 (Mon) 23:05 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント

 これまでのバトル中で一番グライフ大佐とミハイル政治局員が輝いていました。

>間合いの取り方の重要性
 40Kの4版でのラピッドファイアのジレンマが一番実感できるのがネクロンですよね。テレイン内にいれば、突撃を受けてもI値10扱いで先に(少なくとも同時に)殴れるので、白兵戦に身を晒すときはその辺りも考慮するとよいかもしれません。

 歩きで敵にたどり着くしか使い方がないとなるとパーリアは少々微妙ですよねえ。イモータルはネクロン強化版といった性能なので、使いやすいでしょうね。
---------- Asch. [ 編集] URL . 10/02, 23:26 -----
昨日は有難う御座いました。
 辛うじて勝利出来ましたが、白兵戦であそこまで脆くなる事は予想外で、間合いの取り方の重要性を認識させられる等、私にとって得る事の多い一戦でした。
 後、撃っても撃っても兵が存在している感の有る、IGの豊富な物量はネクロンの数が少ないのも相俟って、最後まで大きな脅威でした。

 今回入れてみたパーリアは白兵は強いのですが、如何せんネクロン属性無しでテレポート不能の上にウォリアーの倍と言う高コストでしたから、次回以降はイモータルに変えてフェイズアウト回避を狙いたいと思います。
 又、デストロイヤーを最大編成の5体にするか、もう一部隊増やして再生の保険を掛けたい所です、3回撃てる貴重な戦力ですので…。

 御時間が有りましたら、また対戦して頂ければ嬉しいです、有難う御座いました。
---------- レックス [ 編集] URL . 10/02, 00:07 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/188-53230fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)