FC2ブログ
  
 2日遅れになりましたが、12日はさいたまミニチュアデイズで「ネメシスの冠」を遊んできました。

 1戦目はV1ALさんのエンパイアと3000ポイント戦。特にルールの不明点も生じずスムーズに進みましたが、さすがに考えることも接近戦の数も多くて午前中から午後3時近くまでかかりました。

 070812_3000pthrong.jpg

 3000ポイント戦の総軍編成。折角の3000ポイントと言うことで、盾乗りロードとアンヴィルを両方突っ込んでいます。


070812_battle01_1.jpg

 初期配置終了時の戦場の様子です。第三者にテレイン配置してもらいましたが、通行できない地形と建物が戦場の真ん中に2つというひねくれた配置になっています。さらにナイトx20やナイトx10という大ポイントの騎兵ユニットがどちらから攻めてくるか分からず、結果的に戦線が広がってしまいました。

 バトル開始!「シュトローラーのルーン」で初期配置直後に移動し、さらにアンヴィルで追加移動のルーンを刻みまくってエンパイアの足(とV1ALさんの巧みな機動)に対応していきます。

070812_battle01_2.jpg

 右翼からはブラックガード・オブ・モール(ナイトx19+グランドマスター。突撃時に恐怖持ちになるバナー装備)とスピアマン隊が攻め込んできました。ロングベアードレンジャーはブラックガードに一気に倒されましたが、スレイヤーは歩兵部隊を食い止めました。最後はデタッチメントにも包囲され、スレイヤーが全滅した跡には寄り合いでもしているかのように顔をつきあわせたエンパイア部隊が残りました。

 マイナーは2ターン目には出現しませんでしたが、出現した3ターン目はちょうどマイナーの出現を警戒してグレートキャノン4基の砲列と盤面の端の間に陣取っていたカール・フランツ皇帝が前線に向かった跡でした。追加移動ルーンの「太古の力」もきっちり発動し、マイナーはグレートキャノンに襲いかかりますが、V1ALさんは計算の上でクルーを逃走させ、被害を最小限に食い止めます。


070812_battle01_3.jpg

 そして6ターン表にしてついに皇帝とドワーフロードの部隊が激突!皇帝の一騎打ちにロードが応じました。1ラウンド目の戦闘は、カール・フランツが2ダメージ、ロードが1ダメージでしたが、2ラウンド目で先手のカール・フランツがガールマラッツを2発命中させ、ドワーフロードは討ち取られました。
 結局ドワーフの敗北に終わりましたが、この一騎打ちでカール・フランツを返り討ちにしていれば、逆にドワーフ勝利という伯仲した勝負でした。



 その後は2000ポイントといった大規模戦をする時間がなかったので、2戦目はノグチさんのウッドエルフと1000ポイント戦をしました。070812_battle02.jpg

 ノグチさんのウッドエルフは、ドライアド2部隊、グレイドライダー、グレイドガード、スカウトという編成。ドライアドのユニットあたりの頭数が少ないことにも助けられて、ランクを組んでバナーを掲げていたサンダラーがドライアドを返り討ちにして追いつくことができました。
 また、ドライアドとグレイドライダーに挟み撃ちにされたウォリアーも、グレイドライダー側に振り返っていたおかげでランクを保持することができ、ウッドエルフのさいの目の悪さのおかげで1ユニットだけで返り討ちにできました。
 最終的にエルフ側はキャラクター、スカウト、グレイドガードを残すのみでした。ドワーフ側はセイン+ロングベアード4人にまで減ったところにキリングブロウ付を含む集中射撃を受けてヒヤリとしましたが、完勝することができました。

070812_battle03.jpg

 3戦目は、オカダさんのビーストマンとの500ポイント戦でした。
 サンダラーの射撃で倒れるのがウンゴールだけでしたが、接近戦ではセインが合流したグレートウェポン持ちのウォリアーが頑張りました。
 ケイオススポーンを1ラウンドで殺したのを手始めに、ビーストハード2隊の左右からの挟み撃ちに「誓いの石」を置いて迎え撃ちます。ビーストハードの挟み撃ちを受け止めて踏ん張ったところに、サンダラーが敵背面に突撃してビーストハードを逃走させ、うち1隊はサンダラーが追跡して全滅させました。逃げ延びたもう1つのビーストハードも射撃能力がない以上誓いの石に突撃するしかなく、流れを取り戻すことはできませんでした。
 結局「誓いの石」とビーストハードの相性が大きく作用して、ドワーフの完勝に終わりました。
08.14 (Tue) 22:39 [ WHFB ] CM4. TB0. TOP▲
  
コメント

>ノグチさん
 実はウッドエルフのような編成との対戦は苦手でして、スカーミッシャーやライトキャバルリーに横・後ろに回り込まれて動揺して、グルグル回っているうちに囲まれるというのが、わたしの典型的な負けパターンなのです。今回はいくつか勝ちに寄与した要因がありました。

1) ドライアドの兵力が小さくて「恐怖」の自動敗走を気にしなくてすんだこと。
2) 相手にスカーミッシャーが多いので射撃を二の次にして最初からサンダラーがランクを組んでいたこと。
3) ランクを消せる敵ユニットがグレイドライダーだけだったので、ともかくグレイドライダーにだけ背中を見せなければいい割り切って機動できたこと。

 いずれにせよ、必要以上に熱くなったり、動揺したりするのが一番悪いということを思い知りました。
---------- Asch. [ 編集] URL . 08/18, 22:59 -----

どもども。ノグチです。
先日は対戦ありがとうございました。

「必ず勝つ!」と意気込んでいたのですが
モノの見事に完敗してしまいました。
また対戦できる機会があれば
よろしくお願いしますね。
---------- ノグチ [ 編集] URL . 08/18, 11:20 -----

>ざんじさん
 第三者に配置を頼んだからには、責任を持ってその配置で遊ぶって感じでしょうか。
 3戦とはいえ、後半は低ポイント戦なので、3ポの会的にはゲームの数に数えないかもしれませんが。しかし、アウェイに遊びに行ったときは低ポイント戦をたくさん遊ぶのも、色々な相手と対戦できるという点でも、荷物が少なくすむという点でもいいかもしれませんね。
---------- Asch. [ 編集] URL . 08/15, 21:08 -----

お疲れさまでした~。
テレイン配置は、ざんじの提案をV1ALさんが拒否したので、その後変えたとばかり思ってましたが、そのまま遊んでましたね。
戦場の割には少ない気がするんですが^^;

しかし3戦もされてたんですね~。楽しんでいただけて良かったです。また遊びに来てください。
---------- ざんじ [ 編集] URL . 08/15, 01:12 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/175-314663f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)