上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 070429_battle01.jpg


 今日のウォ藩では我がインペリアルガード部隊(ニーベルング第13擲弾兵連隊)対ボタスキーさんのティラニッドで「報復の天使」キャンペーンのオープンロケーション戦扱いで40Kの1500ポイント戦を戦ってきました。(FAX報告が帰宅後になったので、受け付けてもらえなかったかもしれませんが)

 結果的に1500ポイント近い点差でティラニッド側の完勝でしたが、途中では双方色々と見せ場のあるストーリー的には面白い対戦になりました。

(詳しい報告は続きにて)

 連隊指揮官アドルフ・グライフ大佐率いるニーベルング第13擲弾兵連隊は、プロバタスII上での前線基地構築のため散発的な戦闘しか行われていないとの報告のあった戦区ソドムの廃墟へと降下した。しかし、そこにはプロバタスII上で報告のないスズメバチを思わせる体色のティラニッドの侵食がおよんでいた。
 「防御施設に流用可能な施設跡の点在するこの地区を確保せねばならん。虫けら共をこの廃墟群から叩き出すのだ!」


 ミッションは「戦場を制圧せよ!(Cleanse)」のガンマレベルです。
 1枚目の写真は、通常の初期配置後で、この後浸透戦術持ちのハードンド・ベテランとヘヴィボルター装備のインファントリースカッドを中立クォーターに配置しています。

 先攻はティラニッド。IG歩兵にとって脅威度の高いバーブドストラングラー装備のカーニフィックスを落とそうとカーニフィックスから18インチ強の位置にハードンド・ベテランを配置していたのですが、ホーマゴーントの移動速度を見落としていました。


070429_battle03.jpg

 「強行軍」移動後でこの状態。当然12インチアサルトするホーマゴーントのチャージ射程内です。ということで、ベテラン達は1表で何もしないまま全滅し、残念賞1号になりました。


070429_battle04.jpg

 インペリアルガードも1裏にセンチネルが敵討ちとばかりにヘヴィフレイマーでホーマゴーントを焼いて足止めの突撃をかけます。2表の白兵戦でホーマゴーントに壊されてしまいましたが、結果的にホーマゴーントの被害を最小限に食い止め、奴らを半壊させることはできました。


070429_battle05.jpg

 ……「グライフ大佐からストームトルーパー部隊へ。カーニフィックス認識名【デススピナー】を殲滅し、敵背面に橋頭堡を確保せよ。皇帝陛下のご加護を」「皇帝陛下のご加護を」
 通信を終えたストームトルーパー部隊は重力制御装置のスイッチを入れると、ヴァルキリー輸送機から次々に地獄へと飛び込んでいった。

 インペリアルガード側の見せ場の1つは、3ターン表のストームトルーパーによる敵陣強襲でした。同時に出現した2部隊(各5名でプラズマガン、メルタガンを装備)がカーニフィックスを挟むように12インチ以内に「縦深攻撃(deep strike)」し、射撃で1ダメージのみしか喰らっていなかったカーニフィックスを屠ります。
 結局、とって返したティラニッドの射撃と白兵戦で4表には全滅しましたが、ボタスキーさんをあわてさせて戦いを面白くした一手でした。

 

070429_battle06.jpg


 
「ふん、虫けら共が。ニーベルング軍人をなめているとこういう目に遭う。……ぐっ」
「いかがしたかね、同志大佐?顔色が悪いようだが」


 一方グライフ大佐の本陣も4ターン表には生き残りのホーマゴーントの突撃を受けますが、グライフ大佐と政治局員ミハエル・マカロフ両氏の活躍で大佐が1ダメージを受けながらも返り討ちにしてしまいました。
 この連隊本部は4ターン裏には、接近してきたレイヴェナーを狙い、プラズマピストルの射撃で1体を、白兵戦で連隊旗効果で勝った後の「徹底抗戦」によるダメージでもう1体を、という具合に全滅に追い込みました。
 しかし、いかにカバーセーブのいい廃墟の中とはいえ、敵ユニットの視界に入ってしまったことで大佐の命運は決しました。5ターン表、ウォリアーの射撃をカバーセーブでしのぎきった大佐も、スパインフィスト&ソーンバックのカーニフィックスの乱れ撃ちを受けてついに戦闘不能に陥ります。
070429_battle07.jpg


 結局終わってみれば、インペリアルガード側はレマン・ラス以外全滅で中立クォーターを2つとも占拠される、ティラニッド側完勝の結果で終わりました。
070429_battle08.jpg


 こちらの戦果は、すでに書いたもののほか、部隊の先頭に立っていたオットー・ヘッツァー少佐(帝国名誉勲章持ちのジュニアオフィサー)の部隊の射撃で死んだゾアンスロープ1体にとどまりました。
04.29 (Sun) 23:26 [ WH40K ] CM5. TB1. TOP▲
  
コメント

>騎士団長さん
 レイヴェナーの株はわたしの中でかなり急騰しましたね。

>レックスさん
 こちらこそよろしくお願いします。
 ウォ藩に次に顔を出せるのは8月になりそうな様子ですので、実際に対戦する頃にはレックスさんのアーミーも相当な規模になっているかもしれませんね。
---------- Asch. [ 編集] URL . 05/03, 01:07 -----

 先日観戦させて頂いたティラニッド編成中の者です。色々と疑問にお答え下さり有り難う御座いました。次回までにはアーミーの編成と基本ルールの把握を済ませたいと思っております。

 今後、対戦の機会を得られましたら、
「では教育してやるか」と言った感じで叩きのめして下さい。それでは宜しく御願い致します。
---------- レックス [ 編集] URL . 05/03, 00:05 -----

レイヴェナーは、比較的安定した戦果を上げるモデルだと思います。
ファスト枠だと、一番好みな造詣ですし。
その内、入れたいですね。
---------- 騎士団長 [ 編集] URL . 05/02, 20:23 -----

 確かにReconとか24インチ離すミッションもありますねえ。
 レマン・ラスの使い方については、人間痛い目に遭わないと本当には学ばないということで、いい経験になったのではないかと。とか言っていると、しばらくティラニッドとやる機会がなさそうですがw

 ティラニッドも、「微妙じゃないかなあ」と思っていたレイヴェナーは射撃装備もしていたこともあって、意外と大活躍でしたね。
---------- Asch. [ 編集] URL . 05/02, 19:27 -----

①ミッションにより彼我の距離が近かった。
②先手を取れた。
事により勢いにのれましたー。

やっぱりレマンラスはゴーントが密集している最前線を撃たれる方がイヤでしたよ。
---------- ボタスキー [ 編集] URL . 05/02, 11:59 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/149-21053043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


4/29 40k1500戦をやらせて頂いた。
ゲームしてきましたー。詳しくはAsch.さんのブログが面白いッス。http://aschdiary.blog70.fc2.com/blog-entry-149.htmlhttp://aschdiary.blog70.fc2.com/blog-entry-151.html
無駄人生記 05/05, 22:40
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。