FC2ブログ
  
 さて、今日は「だからどうした?」という40K関連の雑学を一くだり。

 ダークエンジェルズの日本語版コデックスを読んで改めて、ライオン・エル・ジョンソンとルシエルのドラマに萌えた燃えてしまいました。そこでライオン・エル・ジョンソンのイラストなどないものかとネット検索をしていて拾った小ネタをば。

 ウィキペディアの英語版にはファンによる40K関連の項目があるのですが、その「Dark Angels」の項やファンフォーラムなどでダークエンジェルズの名前、イメージの由来として、Lionel Johsonという詩人の"The Dark Angel"という詩が挙げられていました。
 「Lionel Johnson ->Lion El'Johnson」というのを踏まえると、ダークエンジェルズのチャプター名とプライマーク「ライオン・エル・ジョンソン」の名前の元ネタには間違いないようです。

 では、ライオネル・ジョンソンってどんな人で、「The Dark Angel」ってどんな詩なのでしょうか?

 わたしも今回のことで調べるまで知らなかったのですが、ライオネル・ジョンソンは19世紀末のイギリスで活躍した批評家・詩人で、アイルランド幻想派の詩人W. B.イェイツと親交が深く、カトリックに回心する以前はオスカー・ワイルド(「ドリアン・グレイの肖像」の著者として有名)とも親しかったそうです。批評家として成功した後、イェイツの選で1905年に『詩集』を刊行しています。「The Dark Angel」はこの詩集に収められた詩の1つ。原文はこちらに掲載されています。

 途中まで訳してみるとこんな感じです。

The Dark Angel
闇の天使

DARK Angel, with thine aching lust
To rid the world of penitence:
Malicious Angel, who still dost
My soul such subtile violence!

闇の天使よ。心うずかせる欲情でもって
世界を悔悛から解き放つものよ。
悪意ある天使よ。お前はいまだに
私の魂にかくも名状しがたい暴力をふるうのだ。

Because of thee, no thought, no thing,
Abides for me undesecrate:
Dark Angel, ever on the wing,
Who never reachest me too late!

お前のせいで、どんな考えも、どんなものも
私にとってすべては汚されている。
闇の天使よ。お前は常にその翼で羽ばたき
私のもとに機を逃さずにやってくる

When music sounds, then changest thou
Its silvery to a sultry fire:
Nor will thine envious heart allow
Delight untortured by desire.

音楽が鳴り響くと、お前は変身する。
その銀の輝きは官能の火に。
お前の嫉妬深い心は
欲望に苛まれない喜びを許さない

Through thee, the gracious Muses turn,
To Furies, O mine Enemy!
And all the things of beauty burn
With flames of evil ecstasy.

お前を通すと、優雅な芸術の女神は、
復讐の女神に変わる。ああ、我が敵よ!
そして美しきものすべては焼け落ちる
邪悪な法悦の炎で
(以下略)

 ジョンソンの評伝によれば、生来の放埒な性癖を悔いてカトリックに回心したジョンソンが、それでも改められない自分の煩悩へのいらだちを歌ったものと解釈されているようです。ワイルドとの交流などから、ワイルド同様にホモセクシャルの傾向があり、この詩はその性癖への悩みを歌ったものという説もあるようです。

 …えーと、元ネタが元ネタだけに、ルシエル×ジョンソンのカップリングは確定ってことでよろしいでしょうか?(ぉ
 
04.04 (Wed) 18:44 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント

>牛蛙さん
>ためになりました^^

 そういってもらえるとメモした甲斐があります。
---------- Asch. [ 編集] URL . 04/06, 23:29 -----
なるほど
元ネタとかが、あるんですね。
ためになりました^^
---------- 牛蛙 [ 編集] URL . 04/05, 10:55 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/142-9de02c83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)