FC2ブログ
  
070401_basilisk01a.jpg


 3月月末の10日は道外にいる日の方が多いという日程のせいでなかなかインペリアルガードが仕上がりませんが、レマン・ラスを完成させた勢いでバジリスクを組み立て始めています。
 組み立て説明書とランナーを見比べながら、一緒に組むべきブロックごとに製作を進めていたのですが、説明書だけではわからなかった仕様のせいで、若干仕上がりに問題が出そうです。

 砲身には角度調整のためのハンドルのパーツがついていて、これが砲身を貼り合わせるときに中に末端が太くなった軸を仕込んで、外からハンドル部品を接着することで、自由に回転するようになっています。砲身とハンドルを組み立ててから、ハンドルの歯車と砲身の支柱のラッチがかみ合って砲身を上下させるとハンドルが回るようになっているということに気づきました。支柱のラッチにはまるようにというのを考えずにハンドルを接着したので、ハンドルと歯車の間が詰まりすぎてスムーズに砲身の上下ができなくなってしまいました。

 やはり始めて組む車両モデルは全部パーツをランナーから外して仮組みする手間を惜しんではいけませんね。
04.01 (Sun) 21:35 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/141-424f1c19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)