FC2ブログ
  
 さて、新エンパイアのユニットですが、コア枠はホワイトウルフ以外は大きな変更はありませんでした。

○州兵
・ユニット性能は変更なし。ハルバーディアー、スピアマンが基本5点、ソードマンが6点と1点ずつ安くなりました。
・クロスボウマンが州兵に変更されました。(したがって親ユニットにもなれます)
・ハンドガンナー:「First Volley」ルールがなくなり、普通のハンドガンになりました。
・デタッチメント(分隊)ルールはほぼそのままですが、チャージ関係の処理の記述が7版に合わせて修正されているほか、「デタッチメントは装備・武装のアップグレードができない」というのがなくなりました。
・エレクターカウント相当のジェネラル・オブ・ジ・エンパイアがジェネラルになると州兵1ユニットが50点までの旗を持てるのは変わっていませんが、6版でのエレクターカウント編成の定番「グリフォン旗」が55点に値上がりしたため、州兵をはじめとするユニットに持たせられなくなりました。

・評価:低コスト化したことや、1体6点の盾持ちハルバーディアーでデタッチメントを編成できるようになったのはプラスです。しかし、2000ポイントに向けて考えていたエレクターカウント+グリフォン旗持ちソードマン25人編成はできなくなったので、拡張方向を変えていかないと駄目ですね。

○ミリティア
・フリーカンパニーは変更なし。ハルバーディアーやスピアマンと同じコストなので、相対的に地位が低下したかもしれません。
・アーチャーも変更なし。
・ハンツマンは弱体化。従来通りの10点で、アップグレード内容はスカウトがつくのみ(ロングボウにならない)、編成は10体以上とうま味がずいぶん失われました。

○ナイト
・ナイトリー・オーダーのコスト、基本性能は同じ。
・インナー・オーダーのアップグレード費用、内容は同じ。しかし、0-1制限がなくなり、代わりにアップグレードするとスペシャル枠扱いに。
・ホワイトウルフは実質廃止。ナイトの装備がランス&シールドとハンマー(グレートウェポン)の選択制になりました。つまりホワイトウルフのモデルはグレートウェポン装備のナイトとして使うことになり、ポイントは安くなったもののそれ以上に弱体化。
12.13 (Wed) 23:26 [ WHFB ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://aschdiary.blog70.fc2.com/tb.php/100-8b7ed041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)