上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日の定例会では,Auxrynさんと40Kの1750ポイント戦を戦いました。NagoyaHammer.comでの事前の調整の際に,「シナリオのアイデアはある?」と尋ねられたので,以前GKのリリース時にWH誌に掲載された(旧版の)バトルミッションを修正して遊ぶことを提案しました。Auxrynさんのアーミーが,「オルクの族長がタウ追放者の傭兵も引き連れて略奪を続けている」という背景をもっているので,グレイナイトが守備側になる「許容可能な損失(Acceptable Losses)」というシナリオを選択しました。敵の行動が強大なディーモンの解放につながってしまうという予知に従って,阻止のためにグレイナイトがテレポートで駆けつけるという設定です。
グレイナイト側が初期配置エリア(自軍エッジから12Mv以内で,左右は18Mv空ける)とその周囲にテレポートビーコンを設置→グレイナイト側初期配置。半分を必ず予備選力にする。→敵軍は正面決戦と同じ範囲で初期配置→敵軍先攻。敵軍の増援は1-単目に必ず到着し,好きな側面から登場。→グレイナイト側後攻。1~3ターンのいずれかあらかじめ書き留めておいたターン(今回は2ターン目)に全増援が到着。テレポートできるユニットは必ず縦深攻撃で到着。他は長いテーブルエッジから登場。
 という初期配置や増援に特徴のあるシナリオになっています。
 リップゴール族長が次の略奪の目標にしたのは,フォルモサ・セクターの惑星トゥームストン。リップゴールが惑星に眠る遺跡を穢せば,強力なディーモンプリンス達を招き寄せることになる。そうグレイナイト戦団の予知官のタロットは告げていた。警告を受けた異端審問官コテアズは,急ぎ配下の兵を集めて防備を固めるとともに,グレイナイト戦団をテレポートで迎えるべくビーコンを設置した。しかし,リップゴールはグレイナイトにわずかに先んじていたのだった。



140223_01.jpg

 というわけで,1ターン表からボマー襲来!コテアズがイカロス型ラスキャノンでインターセプトしますが,爆発せず「速度固定」にとどまります。


スポンサーサイト
02.23 (Sun) 23:00 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。