上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
120520_gk_rhino02c.jpg

 先日のNagoyaHammer 2012ではとりあえず最低限の塗装で使ったライノですが,汚し以外の塗りが終わりました。異端審問庁マークはデカールで済ませるつもりでしたが,実際にあててみると予想以上にマークが小さかったので,結局手書きしました。
 また,トップハッチにも車長の紋章を手書きしました。
スポンサーサイト
05.20 (Sun) 21:37 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 昨日5月3日と,本日5月4日の二日間にわたって開催中のNagoyaHammer2102の(おそらくは)メインイベント,タッグトーナメントに昨日参加してきました。
 雪兎さんとわたしのチーム「First in Japan」(最初に参加表明した日本人だから)は,ブラッドエンジェルス(以下BA)とグレイナイト(GK)のタッグです。周りを見ていると,意外に帝国系アーミー同士のタッグが少なくなかったですね。

 第1戦は,"Big Dan"ことダニエルさん(BA)とUnderdwellerさん(タウ)の「For the Greater Blood 」チームとの対戦でした。
120503t301.jpg
 お互いBAのアサルトスカッド(BAではトループ枠)にマーカーチェック要員として期待した編成だったので,期せずしてマーカーが集中した右翼でアサルトスカッド同士がぶつかり合う展開に。3ターン終了時点で敵チームのポイント勝ち。タイムリミットが迫っていましたが,4ターン目のプレイを許してもらって,右翼の敵をデスカルト・アサシン&サンギノールとアサルトスカッドで倒しきって,2マーカーチェックして優勢。4ターン目を許したお返しで,5ターン表をプレイしてもらって,もう1マーカーチェックされて,マーカー数もキルポイントも同点で引き分けになりました。

 2戦目は,ダークエルダー同士で組んだ、「Decidedly Devious Dark Elders」ことマイケルとデイヴのチームとの対戦。
120503t302a.jpg
 「BAとGKで相手チームより確実にHQ2人の合計ポイントが小さくて、先行をとれるというのは無理)という判断で、ティラニッドに先に殴られても耐えられるHQという考えに立って、ドライゴとメフィストンのペアで望みました。
120503t302b.jpg
 グレイナイトなどこの人数で全員です。
 結果、こちらのHQは2人ともやられたものの、キルポイントでは追いつき、敵HQをひとりも殺せていないこのによるペナルティで敗北してしまいました。

 第3戦は、Tenorikumaさん(スペースウルフ)、Kさん(ネクロン)の一戦。
120503t303.jpg
 「敵心臓部を突け」の変形のミッションで、敵の側のマーカーしか得点にならないルールなので、ABは敵の背後に縦深攻撃を敢行しました。GKが専用輸送車両で正面から近づいてプレッシャーをかける作戦のハズが、敵チームが盤面中央寄りにいたグレイハンターまで含めて、縦深攻撃してきたBAを囲んで棒で殴る展開に。
 明らかに敵が、目標確保できないところまでユニットを下げたので、あとはGKのビークルでタンクショックをかけて目標確保(もしくは係争状態)にして勝利は間違いなし、と思ったのも束の間、ライノ2台が揃って移動不能・武器大破を食らってしまいました。
 結果的に、目標確保点は双方0でキルポイント勝負になり、BA→GKの順に各個撃破された、当方の負けに終わりました。
05.04 (Fri) 11:19 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。