上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日の1500ポイント戦で、やはりグランドマスターを入れたいと考えましたが、モデルをどうするかが問題です。
 これまで使ってきた「グランドマスター・アントニウス」はサイキャノンを装備しています。新コデックスのグランドマスターは<射>6になった分、サイキャノンのコストが重くて45点もします。さすがにポイント効率が悪いだろうということで、考えた末にアントニウスの武器を取り替える改装作業に入ることにしました。
 一から作ることも考えましたが、ドライゴ以外ではマントを着たターミネーターのボディがないので、アントニウスに続投してもらうことにしました。

110426_antonius02a.jpg
 ということで右手、左腕を取り外しました。
 最初、ファルシオン二刀流にしようと思って右手も外したのですが、考えたあげくに右手は再度接着して、左腕だけ新プラからの流用で作り直すことにしました。
 グランドマスターのファルシオン装備は、ポイントがマスタークラフト・ソードと比較して、5点高い割には、ヒット数が増えません。サイコロ4個振るのと、3個振って1個追加で振るのは同じ事象です。マスタークラフト武器は、外れが一つあれば実質<回>が1増えたのと同じ結果になります。つまり、ファルシオンで1回攻撃回数が増えたことによるヒット数の期待値は、「3個全部当たってももう1回当たる」分につきます。
 マスタークラフト武器を持てるモデルの場合、ファルシオン装備(コストは同じか高い)とマスタークラフト・ソードのヒット数の期待値を比べると、確かにファルシオン装備が高いですが、その差は一人あたり(命中率)^(回+1)しかありません。<接>5以下の敵に対して攻撃する場合でも0.20回、<接>6以上の敵に対して攻撃する場合はなんと0.0625回しか増えません。
 命中率が1未満である以上、<回>が少ないモデルの場合は、この差が大きくなります。ファルシオンはキャラクター向けの装備というより、ターミネーターやストライク・スカッドといった元々回の低いトループ数名にまとめて持たせる装備ですね。

 ちなみに、もちろん元々のスターンの左腕もとってあるのですが、どうも本来のスターンのポージングが気に入らず、新プラのブラッドレターの首を掲げたポーズの腕を使おうと考えています。スターンの左手は平手になっているので、どうも手をかざしたポーズが様にならず、またパーツの構造上手だけを切り飛ばすのが難しいのです。
 旧メタルのターミネーターの左腕にキャスト不良のものが1点あったので、スターンのパーツはその代用品として流用するつもりです。
スポンサーサイト
04.26 (Tue) 22:00 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
110424_40K03.jpg

 今日は名古屋ウォーハンマー倶楽部の定例会で、朝から40Kの1500戦をマイケルさんと遊びました。
 新グレイナイトでは1500ポイントは初めてなので、編成も試行錯誤中で、旧版時代のモデルをそのまま使いつつ、新コデックスをまともに使うために進めている増強作業の完成分を組み込んでいます。

 今回試したのはこのような編成です。

HQ:ブラザーフッド・チャンピオン(オプションなし)
HQ:異端審問官コテアズ
TR:GKストライク・スカッド(10名。ジャスティカールにハンマー、ハルバード×7、サイキャノン×2、サイボルト弾)
ライノ(オプションなし)
TR:GKターミネーター(5名。ブラザーフッド・バナー、サイキャノン、ハルバード、ハンマー装備が各1名)
TR:ヘンチマン・ウォーバンド(デスカルト・アサシン×4、クルセイダー×4)
キメラ(オプションなし)
FA:GKインターセプター・スカッド(5名。サイキャノン)
HS:ドレッドノート(アサルトキャノン、サイボルト弾)
HS:ランドレイダー・クルセイダー(マルチメルタ、サイボルト弾)

 マイケルさんのエルダーは5月の連休にNagoya hammerが主催するイベントのトーナメントに出すロスターで、マリーンなどパワーアーマーアーミーを仮想敵にしたそつない編成です。また、歩兵はどれもスターキヤノン装備のウェイブサーペントに乗っています。

 ミッションは「目標を確保せよ」、配置は正面決戦でした。最後は5ターンで終了の目が出て、グレイナイトの完敗に。
 詳しい展開は省いて、いくつか試した結果をメモしておきます。

・グレイナイトの白兵戦最強はヘンチマンです。今回試したデスカルトとクルセイダーの混成は、耐3とはいえ全員スペシャルセーブ持ちで、そこそこねばりもききますし、接5攻4敏6で3回殴るデスカルト・アサシンの爆発力はあなどれません。ただし、グレネードがないので、ビークルには対処出来ません。
110424_40K02.jpg


・ポイント節約のためにブラザーフッド・チャンピオンを使いましたが、傷1なので、最後は無理して護りのルーンがある中でパワーを使って「歪みの脅威」で死にました。スペシャルセーブ持ちとはいえ、サイカーで傷1は厳しいです。インターセプターの短距離テレポートを活用するためにも、グランドマスターを使って、インクィジターはポイントを抑えたやつを入れるべきですね。

・白兵戦特化ヘンチマンをランドレイダーに載せて、キメラにターミネーターがゲーム開始後に乗り込むのは、アリですね。射撃を防ぎつつ全員で射撃できます。実際にターミネーターが死んだのは、冒頭写真の白兵戦でアベンジャーを追い払った次のターンの集中砲火のせいでした。予想通り射撃に弱いので、キメラに載せるか(ランドレイダーに載せると火力が無駄に)、ライブラリアンが合流してシュラウディングとカバーでなんとかするかしないと、敵と真っ正面から渡り合って生き残られるとは思えません。
110424_40k01.jpg
04.24 (Sun) 23:08 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
110415_gkstrike01a.jpg
 先日のプレイに合わせてターミネーターから優先して製作してきたグレイナイトの新キットですが、パワーアーマーも1箱分組み立てました。(最初に組んだハンマー持ちのジャスティカールは以前に上げた写真に写っています)
 グレイナイトの特徴的なデザインはそのまま受け継がれていますが、プロポーションが大きく違うのが旧メタルと並べるとよくわかりますね。胴体が太く、顔が大きくなっています。一体成型であごが衿の中にめり込んだ形に造型されていたのが、普通にあごの浮いた形でキット化されたので、顔回りの違いが目立ちます。
 両手で武器を握っているバリエーションがある関係で、手首から先が別パーツになっていて組立は通常のマリーンの5割り増しくらいは手間がかかるように思います。(特に両手持ちの武器の手首、両肩の接着を同時にきめるのが厄介)

 ジャスティカール用にヘルメット無しの顔、胴体前側、両肩のパーツが一組余分にランナーについているし、スペシャルウェポン用の腕は別に用意されています。そこで、ノーマルのマリーンのパーツがあれば、1体でっち上げられないこともありません。今回はサイキャノン持ちをそうやって作ってみました。(プラズマキャノン装備マリーンの旧メタル・プラ混合キットをサーヴァイターの改造に使った関係で、体だけ余っていましたので)
 通常のマリーンと、だいたい同じ体型なのですが微妙にグレイナイトの方が肩幅が狭いし、接合面も微妙に隙間が空くので、(1)もともとのポッチは削って、マリーンの肩幅もつめる。(2)隙間を埋める、といった一手間が必要です。隙間を埋めるのは、接着剤を多めにつけて溶けたプラで隙間を強引に融合させてはみ出しを削るなり、黒瞬着を使うなりで解決します。
 下半身の装飾がないとか、後ろ衿が正規のパーツのように伸び上がっていないとかといった違いがありますが、実は旧メタルは後ろ衿は伸びていないし、下半身も装飾なしのバリエーションがあるので、まあ許容範囲ではないでしょうか。

 組むまで気づきませんでしたが、ハルバード、ファルシオンは各3組しか入っていません。オプションを揃えたい人はご注意を。
 
04.14 (Thu) 23:30 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 本日はイエローサブマリン名古屋店での1卓のみフリープレイイベントでした。
 先週の時点で雪兎さんと約束して、グレイナイト対ケイオス・ディーモンの1000ポイント戦を行いました。

○グレイナイト側の編制
・HQ:異端審問官コテアズ
・エリート:パラディン(バナー、ハルバード、サイキャノン装備が各1)
・トループ:ヘンチマン・ウォーバンド(クルセイダーx5、プラズマガン・アコライトx3、ストームボルター・アコライトx1、ジョケイロ・ウェポンスミス、エヴィサレーター装備バニッシャー)
 専用輸送車両=キメラ
・トループ:GKストライク・スカッド(ハルバードx8、サイキャノンx2)
 専用輸送車両=レイザーバック(ヘヴィボルター、サイボルト弾)
・HS:ドレッドノート(アサルトキャノン、サイボルト弾)

○ディーモンの編制
・HQ:スカルテイカー(チャリオット騎乗)
・トループ:ブラッドレター(10体。混沌の軍旗)×2
・FA:フレッシュハウンド(6体。カラナックとコーン神の激情持ち入り)
・HS:ディーモンプリンス(飛行、血の神の祝福)
・HS:ソウルグラインダー

 ミッションはシーズ・グラウンド、配置はスピアヘッドでした。最後は6ターンでゲームが終了し、1ウーンドのみ残したスカルテイカーを残してディーモンは全滅。グレイナイトは、ストライク・スカッドが全滅し、パラディンも2人やられたものの、きちんと1マーカーを確保して勝利しました。
 グレイナイト対ディーモンというと、グレイナイトの圧勝になりそうに聞こえますが、接近戦ではコーン神の褒賞でアーマーセーブ不可攻撃が山ほど入っているので、案外といい勝負になります。縦深攻撃や突撃をサイキックパワーで妨害しまくって何とか勝利したという感じでした。
110410_gkvskhorn01.jpg
 頭数が少ないですが、いかにもグレイナイトという絵面が実現できて、お互い満足でした。
(こうして見ると、赤と黒の比率が高いですね)

 戦訓についてはつづきで。

 明日のイエローサブマリン名古屋店での対戦に使う予定の増強戦力に、とりあえずベースカラーを一通り塗り終わりました。船でいえばこれから艤装のために回航するというくらいの完成度でしょうか。
110409_gkreinforcement01c.jpg
 前列・後列の右2人はクルセイダーとして使うつもりです。
 後列右2人はネクロムンダのエンフォーサーから持ってきましたが、エンフォーサーBOXの残りをIGグレナディアに使うつもりなので、我がIGのカラーシェーマに合わせてグレーに塗っています。前列右2人は、FBのブレトニア農民兵BOXのコマンドパーツを主な素材にしています。
 本日UK直販で買い足した正規品のクルセイダーが届きましたが、エンパイア・ソードマン+ブレトニア・ナイトの盾(譲ってもらえればハイエルフ・スピアマンの無地の盾でもOK)でもう2人さらにでっち上げましょうかね。
04.09 (Sat) 22:47 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 このところ1日1~2時間程度ずつ作業を進めています。
110408_gkreinforcement01b.jpg
 次の日曜日の出撃に向けてペイント中の増強分モデルは、どうにかベースカラーがのるところまではいくかな、という感じです。そもそも、久しぶりに引っ張り出したらMithril Silverが完全に固まっていたので、それを買い直さないと仕上げまでこぎ着けられません。

110408_vehicles01a.jpg
 一方こちらはほぼ完成した増強分です。ドレッドノートのアサルトキャノンに、レイザーバック用の砲塔といった武装オプションを塗り足しました。アサルトキャノンは組むだけ組んで放置していましたが、サイボルト弾薬を使うとラスキャノンよりも強力なので、一気に塗ってしまいました。レイザーバック用パーツは新たにグレイナイトにも入るようになったので、ヴァルキリーからヴェンデッタへの改造に使えるかなとUK直販で買ってあったタルミナス・ウルトラ型ランドレイダー用のコンバージョンキット(要するにレイザーバックの砲塔とプレデターのスポンソンのランナーのセット)を使って作り足しました。買った当時はディーモンハンターでレイザーバックが使えなかったとはいえ、値段が変わらないのだからレイザーバックのキットを最初から買っておくべきでしたね。
04.08 (Fri) 00:30 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
 昨日は「コデックス:グレイナイト」と同時発売ミニチュアの発売日でした。
 わたしは名古屋の元アウトライダーのG&Gさんが始められたTown Crierという一坪ショップで予約していたコデックスやストームレイヴンを昨日受け取ることができました。読み物部分をようやく手広く読むことができましたが、スペキャラ関係の逸話が大変に面白いですね。

 いくつか編成案を念頭に、優先的に作り足したいものから、土曜午前と日曜夕方の時間を使って作業してきました。
110403_gkreinforcement01a.jpg
 とりあえず、ピン打ち作業が必要なものを優先して進めました。その結果、ここに並んだ分は、あとは洗ってベースデコレート->アンダーコートと進む直前の段階まできました。あとグリーンスタッフ作業が必要な人が2、3人作りかけ状態です。コテアズはやっぱり自分で組んでも格好いい造型ですね。いきなりスペキャラですが、ヘンチマン系の完成モデルを有効利用するにはこのお方が必要です。
 後列真ん中のメタルが、在庫確認で発掘された旧版のライブラリアン・ターミネーターです。足下をかさ上げして、パーソナルバナーもつけるので、それなりのハッタリはききそうですが、全体的に小振りですね。
04.03 (Sun) 21:32 [ WHFB ] CM0. TB0. TOP▲
 本日は皆さんお待ちかねのグレイナイトの発売日です。
 ただ、日本版コデックス等を予約していたお店からの情報では、海外からGWJへの輸送が震災の影響で混乱していて、入荷が遅れる商品が多いようです。(コデックスは予定通り出るようですが)

 さて、そろそろ具体的な編制を念頭に作り足し等しないとということで、ロスターを組んでみました。


 ペイント済みのモデルを極力使ったグレイナイト編制を考えるとこんな感じ。

・グランドマスター・アントニウス(サイキャノン装備のグランドマスター)220pt
・GKターミネーター・スカッド(5人、アポテカリー、スタンダードベアラー入り)300pt
・GKストライク・スカッド(10人、ハルバードx8、サイキャノン、インシネレーター装備)270pt
 +ライノ40pt
・GKストライク・スカッド(10人、ハルバードx8、サイキャノン、インシネレーター装備)270pt
・ドレッドノート(アサルトキャノン、サイキャノン弾薬装備)130pt
・ランドレイダー・クルセイダー(マルチメルタ、サイキャノン弾薬装備)270pt

 ‥‥アーミー全体で、28ウーンド+2ビークルしかありません。強そうに見えても、采配を1つミスするか、1度サイの目が腐ると負けそうです。
 つづきでは夢のターミネーターアーミー構想について。

04.02 (Sat) 00:01 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。