上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日まで、コデックスの紹介をしてきましたが、今晩は新キットのお話です。
 コデックスを通読してある程度編制も考えられるようになってきたので、増強作業を始めました。
 旧コデックス時代に買っていたものを引っ張り出して組む部分もあるのですが、ターミネーターのスタンダードベアラー、アポテカリーについては、新キットでしか組めないので、まずはそこから新キットに取りかかってみました。
110331_gkterminator02a.jpg
 真ん中は比較用の旧メタル版です。左腕の武器のデザイン以外、デザイン自体はほとんどそのままでプラキット化されていることがわかりますね。ただし、新キットの方が肩、腰とも幅広に造型されています。
 ストームボルターや手首から先が別パーツで、結構パーツ数が多いです。
 組立の際に注意すべき点として、肩パッドが胴体やストームボルターと干渉するという点があります。写真はそれがわかりやすいように、紋章盾をつける前に撮影しました。あまり肩パッドが変な浮き上がり方をしないように、仮組みしてから腕のポーズを決め、肩パッドは最後に接着するのがよいでしょう。
 また、ストームボルターをランナーから外すときに、ニッパーが深く入りすぎて、銃身部分が少しえぐれました。最近のGWのキット全般にいえることですが、部品がみっちりついているので、ランナーから外す際には注意しましょう。また、両手持ち武器については、両腕と武器の組み合わせが決まっているようなので、部品番号が分からなくならないように注意が必要です。
 キットの出来はかなり満足のいくものですが、ちょっと不満の残る点もあります。スペシャルウェポン3種(サイキャノン、サイレンサー、インシネレーター)は各1個しかパーツがなく、またそれとかみ合う右腕が1つしか入っていないので、5人に付き2人スペシャルウェポンを持てるパラディンを作るには不便です。また、複数持てないワードステイブが1本なのはいいのですが、サンダーハンマーも1本しか入っていないのがちょっと残念です。
スポンサーサイト
03.31 (Thu) 23:00 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 その3はインクィジター関連の部分についてです。

 HQには3つのオルドのインクィジターが勢揃いしています。基本能力は3種類共通で、カラパスアーマー、ボルトピストル、チェーンソードと各種グレネードを身につけて、単独行動キャラクター&鋼鉄の意志のみ持っているという、控えめな装備・能力です。3種類の違いは装備オプションによります。オルド・マレウスならターミネーターやネメシス・ディーモンハンマーなどを装備可能、オルド・ヘレティカスならコンデムナー・ボルトガン(杭撃ちクロスボウ付きボルトガン)などを装備可能、オルド・ゼノスならデジタルウェポンやコンバージョンビーマーなどを装備可能という具合です。
 インクィジター1人付き、エリート枠のヘンチマン・ウォーバンドを1ユニット、枠消費無しで入れられるようになります。

 エリート枠、スペキャラについてはつづきにて。

03.30 (Wed) 18:00 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
 「コデックス:グレイナイト」の感想第2弾です。
 前回はトループの話をしたので、今回は主にそれ以外のグレイナイトの話を。

 グレイナイトの共通ルールの話を忘れていましたが、「恐れを知らぬ者->かの者ら、恐怖を知らざる者故に」に変更され、パニックや足止めの危険が生じました。また、「トゥルー・グリット」はなくなり、代わりにオプション装備のファルシオンで2刀流にしてください、ということになっています。「イージス」は、グレイナイトを対象にとった敵のサイキック・パワーの判定に-1ということで残っていますが、他の特殊ルールはアーミー共通ルールからは消えました。

 エリート枠のグレイナイトは、パワーアーマー装備のピュリファイアーとターミネータの上位版のパラディンです。
 ピュリファイアー(5-10人)は、1体24点(ソード装備時)で回2のパワーアーマー兵です。もう1つの特徴として、「浄化の火(Cleansing Fire)」という「白兵戦で殴り合う前のタイミングで、敵全員に4+ダメージロールの自動ヒット」という対人海戦術用のサイキック・パワーを持ちます。また、5人ごとに2つと、ストライク・スカッドの倍スペシャルウェポンが入ります。
 パラディン(1-10人)は、1体55点で傷2(!)のターミネーターです。そう、帝国臣民が待ちに待った複数ウーンズ持ちのターミネーターなのです。トループ枠のターミネーターでも同じですが、「ブラザーフッド・バナー」という全員回+1になり、かつネメシス・フォースウェポンの起動が自動成功になる旗を持ったスタンダードベアラー(ネメシス・フォースウェポンと交換)や、ナーセシウムを持ったアポテカリー(ストームボルターと交換)が入ります。
 これら2種のエリート・ユニットは、対応するスペシャルキャラクターをHQで取ると、トループ枠でとれるようになるという、ダークエンジェルズ以来おなじみのギミックも完備されています。

 なお、テックマリーンもエリート枠。コンバージョンビーマーが装備可能だったりとマリーン並。サーヴァイターは連れず、修理については判定振り直しのサイキック・パワーでブーストします。
 ドレッドノートはヴェネラブルのみエリート枠です。

 HQなどについてはつづきで。

03.29 (Tue) 18:00 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
dh_greyknights01b.jpg

 昨日の定例会後の読書会wである程度のクロスレビューができたので、現段階での「コデックス:グレイナイト」の印象を「グレイナイトはやっぱりグレイナイトだった」という標語でまとめたいと思います。少数精鋭でしか編制できないアーミーですが、ポイント比でも高性能といえそうです。接近戦では相当な強さを誇るはずですが、旧コデックスから色々な弱点(主なものとして、頭数が少ない、ヘヴィウェポン装備はほぼ車輌だけ、射撃に弱い)をそのまま引き継いでいます。
 特性はそのままに、グレイナイトがずいぶんコデックス・マリーンっぽくもなっています。テックマリーン、ライブラリアン、アポテカリーといったマリーン定番の特殊技能要員が、グレイナイトのアーミーリストにも入るようになりましたし、ワールウィンドやプレデターこそありませんが、パワーアーマー装備のユニットは普通にライノやレイザーバックに乗れるようになりました。
 文字ばっかりの長い記事もなんですので、残りは「つづきを読む」で。



03.28 (Mon) 18:00 [ WH40K ] CM3. TB0. TOP▲
 本日は2ヶ月ぶりに名古屋ウォーハンマー倶楽部の定例会に参加しました。

 まずは朝からKojibearさんのウッドエルフとうちのドワーフで2000ptのピッチド・バトル。
110327_fb01.jpg
 ウッドエルフは、正面ではグレイドガードを計60人ばかり後ろ寄りに配置してひたすら射撃し、側面からドライアド、ツリーキンが回り込むという動かし方をしてきます。
 射撃を集中されたスレイヤーが壊滅し、ハンマラーも残り10人を切ろうかというくらいに削られます。
 結局、5ターン目なって主力の巨大ウォリアーユニットがようやく突撃という展開で、キャノンのグレープショットで撃ち落としたグレートイーグルを除くと、グレイドガード1ユニットしか倒せず、完敗に近い結果でした。

110327_wm01.jpg
 午後はユウさんのエヴァーブライト(ヴェイル)とうちのメノス(フェオラ)で26ptのThrow Down。
 右翼ではナイト・イグゼンプラーがシュレッダーを排除し、左翼ではリヴェンジャーが普通に殴る->カスティゲーターが両手投げでシュレッダーをレッサー・ウォービーストに投げつけ->フェオラが踏み込んでフィートとつないでいって、シナリオ勝ちを狙えそうなところに持って行けました。が、次のターンに、フェオラに対してヴェイルの自動命中射撃->アークノード扱いでフェオラ自身に攻撃魔法->ラヴェイゴアの射撃と射撃をたたみかけられて、フェオラの死亡による敗北を喫しました。
03.27 (Sun) 23:36 [ WHFB ] CM3. TB0. TOP▲
 さきほど帰宅すると、差出人不明、宛名がローマ字表記という郵便の預かり票が入っていました。
 ちょうど2週間弱前にMaelstrom Gamesから発送通知のメールが来ていたので、それが届いたのかと思って引き取ってきて開封するとこんな物が!
110326_greyknights_arrive.jpg
 1週間ほどフライングで「コデックス:グレイナイト」と同時発売のモデルが届きました。
 とるものもとりあえず、アーミーリスト部分でターミネーターのオプションをチェック‥‥あ、スペキャラのドライゴ以外はストームシールドを持てないですね。予想していたとはいえ、苦労してコンバージョンしたストームシールド&サンダーハンマー装備のターミネーターが使えなくなるのは残念。
 インクィジション関係は、3つのオルド全部入るようになっています。噂段階で話のあった、懲罰大隊兵やインクィジトリアル・ストームトルーパーは製品版には姿がありません。もっとも、インクィジター・ロード(HQ枠)1人につき1ユニットのヘンチマン・ウォーバンドという各種ヘンチマンを自由に混ぜられるユニットが枠消費無しで入り(ただしエリート扱い)、このユニットのモデルの装備オプションが幅広いので、ラストチャンサーズとかストームトルーパーのモデルを、大部分WYSWYGで使えそうです。
03.26 (Sat) 22:41 [ WH40K ] CM4. TB0. TOP▲
 年明けにアナウンスされていたグレイナイトの新コデックスおよび第1弾リリースの予約がUK、USで始まりました!
 また、ホビーセンターでのプレビューでコデックスの現物を確認した人達からのルールの確定情報が上がり始めています。(BoLSの記事はこちら

 オンラインショップにユニットの紹介も書かれていますが、プラのグレイナイトの作例に妙なバックパックを背負った写真があると思ったら、「グレイナイト・インターセプター」というゲーム開始後のテレポートが可能なユニットが新設されているとか新機軸満載です。「コデックス:ディーモンハンター」準拠で2000ポイント分くらいのモデルは持っているのですが、新機軸を満喫するためには結構な買い物をすることになりそうです。
 また、ネメシス・フォースウェポンに、形状別の特殊能力が加わっているようなので、オプション選択で迷うことになりそうです。BoLSによると「ソードはスペシャルセービングに+1」ということですが、パワーアーマー装備のグレイナイトの基本作例がソード持っているということは、パワーアーマーにもスペシャルセービングがついてくるのでしょうかねえ。
(あと、ターミネーターのパーツにストームシールドがないので、コンバージョンしたストームシールド&サンダーハンマー装備のターミネーターが使えなくなるのではないかと不安)
03.10 (Thu) 01:44 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 2月は近況報告のないまま過ぎてしまいました。公私ともに立て込んでいて、先月は定例会にも参加できなかったのですが、ときどき時間を作ってミニチュアを触っています。
110306dwarfreinforce02a.jpg
 ドワーフ・ウォリアー(グレートウェポン持ち)の増員分はいくらか塗り進みました。
 4月にグレイナイトの新しいコデックスが出ると、そちらにかかり切りになりそうですが、WarmachineやHordesの増強も少し進めておきたいですねえ。
03.06 (Sun) 22:22 [ WHFB ] CM0. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。