上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カタチャンのモデルで作っていた「破壊工作兵」オプション付きのベテラン・スカッドが完成しました。
100621_demolition01a.jpg

 名付けてニーベルング第103工兵連隊「煙臭い解体屋どもSmokin' Wreckin' Crews」からの分遣隊。ニーベルングの多層都市の中でも例外的にマッチョな文化を持つ解体業専門の氏族の出身者で編制されているという設定です。

100621_demolition01b.jpg
 あえて自前で調達したショットガンを装備しているという設定で、自作の仕方を色々試しています。一番左は狩猟用の縦2連ショットガンの改造というイメージで、エンパイアのハンドガンを切り貼りしたもの。左から2番目、5番目のものは、マリーン・スカウトのショットガンに近いものをということでプラ板+プラ棒で自作したもの。左から3番目はラスガンのハンドル部を削って、排莢口のつもりの穴を開けたプラ板をかぶせ、真鍮パイプの銃身をつけたもの。左から4番目は、プラ板と真鍮パイプでの自作です。プラ板利用のものは、1.2mmのプラ板を、0.5mmや0.3mmのプラ板で両側からサンドしています。これは、スジボリをきれいに彫るのが苦手なので、マリーン風ショットガンの溝をプラ板の隙間で表現したり、側板にピンバイスで開けた穴をデザインナイフでつなげることで排莢口を作ったりといった方法を使えるようにするためでした。

100621_demolition01c.jpg
 メルタボムのビッツが全然足りないので、プラ棒・板とドワーフの斧の柄で自作しました。本物のメルタボムのサイズに似せて本体を作った上で、柄付手榴弾と同じようなバランスの柄をつけたら、格闘武器かと思うような大きさになってしまいました。柄付手榴弾というよりは刺突爆雷っぽく使いそうな雰囲気です。白兵戦で使用する武器だから、まあそれもよし。
スポンサーサイト
06.22 (Tue) 00:12 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 6月の新製品として発売された/されるインペリアルガードのビークル2キットがUKから届きました。
 どちらもコンパチブル・キットなのですが1台で複数種類に組み替えられるようにするのはちょっと大変そうです。

 レマン・ラスのキットは、公式サイトでランナーの写真を見た時点で分かっていたとおり、各主砲のパーツが付け根の可動部分(円柱状の部分)まで一体になっています。これだけで組み替え式にするには、砲塔の上下パーツを接着せずともある程度安定するように細工する必要が出ます。さらに、主砲パーツの基部に接着する防盾のパーツが1つしかなく、かつ接着すると主砲パーツが砲塔の上面パーツから抜けなくなりそうです。エラディケーター、エクスターミネーターは、それぞれ主砲パーツと砲塔パーツの間のわずかな隙間に押し込むようにして防盾をつけるので、特に細工なしでもポロポロ落ちたりしないでしょうが、レマン・ラスおよびヴァンキッシャー用のバトルキャノンの基部は、主砲側に押さえてくるような張り出しがありません。エラディケーターの2台目もほしいし、エクスターミネーターx3でインペリアル・アーマー・アポカリプス版の戦車小隊も組みたいので、頑張ってエクスターミネーター、エラディケーターのコンパチに仕上げますかね。

 マンティコアとデスストライクはどう工夫してもどちらか1方しか作れません。ランチャー部分はどうにかコンパチにできる可能性がありますが、ミサイルがどうにもなりません。マンティコアのミサイルの上半分のパーツが、デスストライク・ミサイルではバーニア部分として用いられるので、組み替えはほぼ不可能です。
 こちらは素直にマンティコアを作りましょう。攻10、AP4、D3発のオードナンス・バラージ(直接射撃も可能)なので、レマン・ラスの背後から敵のビークルや、モブユニットを片付けるのには最適でしょう。
06.09 (Wed) 01:18 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
100529_engineer01c.jpg
 カタチャンのキットを使って製作中の戦闘工兵ですが、「爆破工作兵」はメルタボムの自作作業があるために遅れているものの、スペシャルウェポン・スカッドとして使用予定のモデルは、ほぼ完成しました。ズボンは黒ベースに、Adeptus Battle Greyと同じ色味になるように混ぜたCodex Grey+Chaos Blackのミックスでドライブラシをして、Skull Whiteで斑点を散らしています。タンクトップはFortress Greyです。ジャッカルさんの作例を真似して、バンダナの色をスカッドごとに変えようと思っています。
 実際にテーブル上でケイディアのモデルと並べて遊んでみないと本当のところはわかりませんが、この色味ならそれほど違和感ないのではないかと思っています。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。