上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日ペナルレギオン・スカッドを完成させたので、残るインペリアルガードのToDoは、カンパニー・コマンドに入る各種アドバイザーです。昨日、今日と昼間作業できなかったので、リューターを使いたくなるメタルは後回しにして、プラミニチュアの改造でボディガードをモデリングしていました。
090629_bodyguard01a.jpg
 一目瞭然ですが、エンパイアの現行のソードマンの左手にラスピストルを持たせただけの簡単改造です。「インペリウムにはありとあらゆる文明レベルの惑星があるので、FBの人間アーミーにラスガン、ラスピストルを持たせただけで、立派なガーズマンの出来上がりです」作戦の第1弾です。ボディガードは【接】値が4と、無改造の人間にしては白兵戦に長けているので、「ニーベルングと同じ星系内の未開惑星の出身者」という設定で我がインペリアルガードに編入します。
スポンサーサイト
06.29 (Mon) 00:17 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
 今週末は所用で名古屋の定例会に出られないということもあって、四日市の魔王の森に再度遠征してきました。お店の常連さんが現れるのを待って、しばらく雑談に興じた後、先日も対戦したmin.cさんの「ユリエルの君」率いるエルダーとの再戦です。 「敵心臓部を突け」を「正面決戦」配置で争う1000ポイント戦です。
 今回のエルダーの布陣は、ユリエルの君合流のガーディアンで自陣のマーカーを守り、エルダー・ジェットバイク、ウィッチブレイドやヘヴィフレイマー並の射撃サイキックパワーで接近戦向けに武装したファーシーア+ウォーロック(サーペントに乗車)、奇襲攻撃するウォーウォーカーx2、レイスロードで敵陣を襲う構えです。
 こちらは、レイスロード、ファーシーアユニットに白兵戦に持ち込まれると手も足も出ないので、3スカッド合体でヘヴィウェポン集中射撃を狙ったのですが、レイスロードを1ターンキルし損ねました。また、カンパニー・コマンドともう1つのインファントリースカッドでレイスロードを落とせるとみこんで、2ターン目の射撃フェイズ始めに「大型目標撃破」でフラットアウトしたサーペントに30人ユニットの射撃を向けてしまったのが裏目に出て、レイスロード、ファーシーア両方を撃ち漏らして、30人ユニットを削り殺されます。
 また運の悪いことに、「この相手ターンの白兵戦でレイスロードと戦闘中の味方が全滅するはず/敗走するはず」と、残り1ウーンドのレイスロードを次の自分のターンでの集中砲火で仕留めたいと願うたびに、レイスサイト判定に失敗したり、振り直し付きの3回攻撃を全部空振りしたりといった、レイスロードの「悪い」目のおかげで死に損ない、自軍側ターンに全滅・敗走するという悪いサイクルにはまってしまいました。
 レンディング持ちになったペナルレギオン・スカッドはかなりがんばり、奇襲攻撃で出てきたウォーウォーカーを、さらにその後ろから奇襲攻撃して、白兵戦で撃破し、さらに走って自軍側マーカーの確保とレイスロードへの突撃を狙おうかというところまでいったのですが、全力移動のサイの目等のせいで及びませんでした。自軍マーカー横の建物に立てこもっていた10人インファントリースカッドがレイスロードのテンプレート武器で焼き払われたため、エルダー1:IG0のマーカー確保で、7ターンやってエルダーの勝ちに終わりました。

ニーベルング諸連隊フィデリスV派遣軍・ニュースチャンネルより
090627_battle01.jpg
第1中隊第1歩兵小隊指揮官ディーター大尉の鉄拳がエルダーの重力戦車を粉砕した!
これぞ鋼鉄の精神を誇るニーベルング第13擲弾兵連隊の将兵の鑑である!

06.27 (Sat) 22:33 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
090624_penal01b.jpg
 先週末、札幌に出かける前にようやくモデリングが終わっていたペナルレギオン・スカッドですが、今週前半で一気に工程を進めました。大体の塗りは終わって、あとは金属色のシェーディングやベースの仕上げ、額の数字などの書き込みを残すのみです。
 別組織の懲罰大隊の兵士ということで、カラーリングもこれまで塗った他の兵士とは変えました。ただし、服やアーマーに色味が入ると、他のユニットになじまないので、ニーベルング兵ではアーマーに使っているCodex Greyを服の地色にしました。アーマーは、Dheneb Stone -> Graveyard Earthでウォッシュ-> Graveyard Earthを少量混ぜたSkull Whiteでウェットブラシで汚い感じのオフホワイトにしています。
 懲罰大隊は装備もまともなものを持たせてもらえず、帝国兵務局が回収した戦死者の装備品で、新しく徴兵された兵士に回せない傷物のパーツの寄せ集めを着ているという設定です。連隊や従事している作戦で異なる色になっているフラックアーマーを、装甲部分は漂白液をくぐらせ、布地は灰色に染めて、装備を没収されて懲罰大隊に回されてきた兵士に与えているわけです。
06.25 (Thu) 01:14 [ WH40K ] CM3. TB0. TOP▲
 この前の週末は、札幌時代の友人である卍丸さんの結婚式に出てきました。

 友人の結婚式で、結婚式本体から参加というのも初めてだったのですが、キリスト教式結婚式では、ベスト・マン(花婿の介添人)をやることになって、かなり緊張しましたが無事に済みました。つづく披露宴も、新郎新婦の親戚・友人のみを招待したアットホームな披露宴でした。「うちの奥さんは可愛いでしょ」などといつものように軽口を叩いていたのですが、実は緊張していたそうです。
manjimaru_cake_cut.jpg
 定番の「新郎新婦の最初の共同作業です」写真。

 式の後、奥さんの家族・親戚が遠方から大勢来ているので、そちらはそちらでのみ・食べがあるということで、野郎ばかり連れだって、卍丸さんの新居へ。
IMG_2216_1.jpg
 で、こういうことをしていました。5チーム分のミニチュアがあったので、ダンジョン・ボウル開催です。もっとも、ダンジョンが少し大きくて入り組みすぎていて、点が入るまでプレイを進めることができませんでしたが。
06.22 (Mon) 22:27 [ 雑記 ] CM4. TB0. TOP▲
090620penal10a.jpg
 今週のミニチュア作業はもっぱら懲罰大隊兵の制作を進めていました。

 他のIGプレイヤー諸氏の日記を見ていると、結構活躍しているのでうちのアーミーにも欲しくなったというのが理由の第1です。理由の第2は、「鋼鉄の征戦」キャンペーンでまだ何回か出撃するであろうクルエントゥスの地形です。これまでのプレイ経験で、ヴァルキリー+ベテランの組み合わせは、ピンポイントで高火力のトループを敵陣の奥深くに下ろせるので、非常に有用だということがわかっているのですが、クルエントゥスはテレインが混んでいるのでヴァルキリーから兵を下ろせる場所を探すのが大変です。また、同じ理由で縦深攻撃の際に危険地形判定を強いられやすいので、旧版と違ってポイントの高いストームトルーパーを下ろすのもためらわれます。そこで、アストロパスと『斥候』持ちユニットで奇襲攻撃を活用しようという魂胆です。

 ペナルレギオン・スカッドは10名固定なので写真のモデルで1ユニットです。カストーディアンは憲兵っぽい感じで普通のケイディアンと見かけを変えようと考えて、ケイディアのコマンド・スカッドBOXに入っているデザイン違いの頭を持ってきました。
 レギオネラは寄せ集め感を出すために、ケイディア以外にタンクアクセサリやカタチャンから体を持ってきています。頭は4人はエンパイアのフラジェラントで、残りの5人はエンパイア・ミリティアやカタチャンの頭を削ってハゲにしています。
 できるだけ設定のイメージに忠実にということで首輪をつけているのですが、これがモデリング面の一番の問題でした。もともとGWのプラミニチュアのほとんどがそうであるように、ガーズマンもあごの下に半球状に首がつきだして、胴体の首付け根の浅いくぼみに接着する構造になっていて、首の部分はかなりごまかしのある部分になっています。結局、胴体側のくぼみをふさぐような形でグリーンスタッフを円盤状に整えて、別にプラ板・プラ棒で作った電子錠・起爆装置部分と、半球状の首をあらかた削り落とした頭パーツをくっつけています。カタチャンのボディを使った分はちょっと頭の位置が高すぎるかもしれませんが、それなりに見えるようになったかと思います。
 この週末は友人の結婚式で札幌滞在なので、週明けにチョコチョコと細かい修正をして行きたいと思います。次の週末クルエントゥスに遠征するつもりですが、間に合うかどうか微妙ですねえ。

06.21 (Sun) 00:31 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 当分プレイするのはIGばかりになりそうなのですが、「コデックス:ディーモンハンター」の私家訳も、5版で訳語が変わった用語などのチェックを進めています。
 で、Retinueの訳語がどうなってたかと、5版ルールのキャラクターの項を改めて読んだのですが、実は4版から見て大きな変更がありました。それは、護衛ユニットを伴っている間は、単独行動キャラクターをアップグレードキャラクターと同じように扱う(したがって、単独行動キャラクターを狙い打ちはできない)ということです。
dh_radical_inquisitor01a.jpg
 この状態だと、インクィジター・ロードは、ユニット全体でダメージを受けて、ダメージの割り振りに加わらないといけないわけですね。ただ、セーブ前のダメージをアコライトに1点ずつリダイレクトできるので、アコライトが3人いるこの状態なら、3周(12ダメージ)食らうまでは自分はセービングを振らないことも可能だということになります。
06.17 (Wed) 23:32 [ WH40K ] CM5. TB0. TOP▲
 本日は一宮で開かれた40Kの1000ポイント戦ミニトーナメントに新IGを引っさげて参加してきました。今回の試合は「チャンピオンシップトーナメント2009中部」のポイント対象になります。正月明けに参戦して以来の久々の参戦です。
 スイスドロー3回戦の予定でしたが、当初参加予定だった三重勢が来られなくなったということで、アウトライダーのG&Gさん含め4人で総当たり戦方式になりました。試合時間は最大2時間と区切られています。

1戦目:G&GさんのIGと「敵心臓部を突け」ミッションを「戦乱の曙」配置で。
090614_batttle01.jpg
 1戦目はG&GさんのIGとの対戦です。G&Gさんはヴォストロヤ連隊のモデルを中心に、ラスキャノン装備のヴァルキリーとアーマード・センチネル・スコードロン以外は全部歩兵で固めていて、歩兵はスペシャルウェポンのみでヘヴィウェポンを装備していません。接近戦IGを試すという趣向だったようです。
 G&GさんがIGに慣れていないこともあって、4ターンで時間切れ終了でした。こちらは、レマン・ラスの支援砲火の下、ストームトルーパーとセンチネルが守っていた敵側目標にヴァルキリーで擲弾兵ベテランを送り込み、オートキャノン入り20人インファントリー・スカッドで適宜白兵戦を挑みつつ歩兵を掃討ていきます。敵のヴァルキリーを落とした後で、ラスキャノン入り20人スカッドがセンチネルのミサイルランチャーで盤外逃走して、プラトーン・コマンドが自軍側目標に向かって走る羽目になりましたが、ほぼ敵を全滅させたに近い状態で4ターンで試合終了。我がニーベルング第13連隊の勝利です。


06.15 (Mon) 00:27 [ WH40K ] CM5. TB0. TOP▲
090613_sergeants02b.jpg
 ということで、先日から作っていたメルタボム装備のサージェントのモデルが完成しました。
 この写真では、カメラの構え方が悪くて、目線が下を向いて見えますが、右のコマンド・スカッドのBOXに入ってくる傷跡のあるベテラン顔はなかなか格好いいデザインです。
 レマン・ラス戦車をかなり持っているので、そのうちナイトコマンダー・パスクも作らないとと思っているのですが、この顔はちょうど挿絵のパスクと雰囲気が近いので、この顔とタンクアクセサリーの戦車長の帽子のニコイチで作るといいかなあと思っています。

 しかし、作ってから気づきましたが、グレネードでウォーカーを殴ると6のみヒットなのですね。うーむ、1人メルタボムを持っているだけでは駄目ですかねえ。
06.14 (Sun) 01:32 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
 インペリアルガードのアップグレード作業ですが、今度はサージェントの作り足しです。
 旧コデックスではサージェントがタダでラスピストル&CCW->ラスガンの持ち替えができたので、2人ほどラスガン持ちのサージェントがいました。新しいコデックスではラスガンへの持ち替えはなくなったので、この2人分のサージェントを作り足さないといけません。

 というわけで、新しいコマンド・スカッドのキットの頭部も使いつつ2人組みました。
090609_meltabombs01a.jpg
 左手で下げているのはメルタボムです。ウォーカーでの白兵戦ロック対策や、肉薄攻撃用にサージェントにメルタボムを持たそうと思い立ったのですが、その際、メルタボムのパーツが入っているキットとして思い浮かんだのは、アサルトマリーンのBOXだけでした。ディーモンハンターの同盟マリーンとして使おうと、ダークエンジェルのバトルフォースを中心にマリーンの在庫もかなり持っているのですが、残念ながらアサルトマリーンはありません。
 ビッツ交換とかビッツばら売りで手に入れるしかないかなあと思って、TheWarStoreのビッツ売りのカタログを見ていたら、「Devastator Melta Bomb」というアイテムが。デバステーターのプラBOXにも型違いのメルタボムが入っているということに、このときはじめて気づきました。
 というわけで、在庫のダークエンジェル・バトルフォースからデバステーター用のメルタボムを持ってきました。左手は、左のヘルメット着用サージェントは、普通のケイディア兵のランナーのラスガンを支える手(5組のラスガン付き腕パーツのうち、1つだけは左手がラスガンから離れている)で、スキンヘッドのサージェントの方は、グレネードランチャーを構える左手の手首の角度を、一度切り離して、修正したものです。
06.10 (Wed) 01:31 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 先日のクルエントゥス出撃の際に、エルダーのウォーウォーカーに合体インファントリー・スカッド20人が足止めされてしまったのですが、今日になって振り返ると、実はウォーウォーカーを破壊するそれなりに現実的な方法があったことに気づきました。
 それは白兵戦でのグレネード攻撃です。新しいアーミーリストでは、インペリアルガードのインファントリー・スカッドなど主力のガーズマン部隊の多くがフラグ・グレネードを標準装備しています。フラグ・グレネードの装甲貫通判定は4+1D6ですので、ウォーウォーカーや偵察型センチネル相手なら、跳弾ヒットの可能性があります。十数人が毎ラウンドフラグ・グレネードを投げれば、「移動不能」と「搭載武器大破」の積み重ねで、そのうち大破してくれるはず。
 これにその場で気づかなかったのは、白兵戦でグレネードを投げる機会がこれまでなかったせいでしょうねえ。グレイナイトはグレネードを持てないし、ストームトルーパーは標準装備しているけど、大体降下して1回射撃したら、次のターンに敵にワープブラスト(拡散)とか撃たれて死ぬ運命でしたし。他のインペリアルガード兵も、これまでは1点増しになるオプションだったので、持たせる意欲がわきませんでした。なにせ、フラグ・グレネードを持たせるコストで、プラズマガンが取れちゃていたわけですから。旧版のインファントリー・スカッドなら、ウォーカーと分の悪い殴り合いをするよりも、わざとユニット本体の士気値で士気判定をして逃走し、あわよくば再集結という対処がベターでしたしね。
06.08 (Mon) 00:29 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 昨日6月6日(土)は、戦闘領域クルエントゥスこと四日市の魔王の森さんに遠征してきました。
 元々インペリアルガードデーということで、インペリアルガード対○○という形でマッチメイクするイベントが予定されていたということもあり、対タウ500点、対エルダー1000点、対オルク500点と開店から閉店までほぼみっちり三重のみなさんにお相手いただきました。対戦いただいた趣味人の皆さん、店長のフェンリルさん、ありがとうございました。

 以下はバトル・レポートです。
---
技術賢者(テクノ・マゴス)ラビエヌスの調査日誌より

090606_battle02a.jpg
帝国歴4504997.M41フィデリスV
 クルエントゥス戦区での各種異常現象の原因解明のため、派遣軍付き技術賢者団は調査部隊の派遣を決定した。私は先発隊として、ヘッツァー少佐率いる帝国防衛軍戦闘集団の支援の下、帝国兵務局が手配した大型輸送車のコンボイで、数多くの古代遺跡が散在する礫砂漠に足を踏み入れた。





06.07 (Sun) 02:57 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
090606_commissar02b.jpg
 イブラム・ガーント改め歩兵分隊付きのコミッサーなどが完成しました。
 ガーントは昨日の朝、仕事に出る前にサフを吹いて、帰宅後塗り始めて1晩で完成しました。こういう黒地に黄色でデティールが入るようなモデルは、以前ならFortress Greyでの下塗りが必須で時間がかかったのですが、今はファウンデーションペイントで塗った上から、グレイジングやウェットブラシで簡単に塗れますね。ファウンデーション・ペイント様々です。
 ガーントを筆頭に「ガーントの亡霊」のミニチュアは非常に小さく見えるのですが、こうして並べると身長が小さいわけではないのですね。ミニチュアのデザインがややリアルよりで、顔や手足が小さく、スタイルも細身なので小さく見えるようです。
 先日新IGで実戦を経験したわけですが、今週も新コデックス合わせのアップデート作業が進行中です。
090604_commissars02a.jpg
 現在進行中のアップデート作業のお題はコミッサーです。
 旧コデックスでは、コミッサーは他のアドバイザーと同様に、HQコマンド->プラトーン・コマンドの順にコマンド・スカッドに上から順に追加していかなければなりませんでした。旧コデックスではオフィサーが独立行動キャラクターだったので、オフィサーにパワーフィストを持たせて殴り合いをするのは現実的ではなく(白兵戦では1人だけからなるユニット扱いのオフィサーに集中攻撃されると、敏1の順番までに死ぬ)、アップグレードキャラクターであるコミッサーにパワーフィストを持たせてHQコマンドに合流させるのが我が連隊の編制の基本形でした。
 現行コデックスでは、コミッサーはそもそもカンパニー・コマンドには合流せず、インファントリー・プラトーン用のアップグレードになりました。そして、プラトーンの中でも、いくつかの理由で、パワーフィストを持てるプラトーン・コマンドのコミッサーよりも、パワーウェポン、プラズマピストルしかアップグレードのないインファントリー・スカッドのコミッサーの方を優先して入れるべきと思われます。これは第1に、「分隊併合」で20人以上の肉の壁をつくれるインファントリー・スカッドの方が、「鋼鉄の意志」による粘り腰が活かせること、第2に、コミッサーを入れることで士気値が上がり、インファントリー・スカッドが「命令」の受命判定に成功しやすくなること、といった理由によります。

 左は旧型コミッサーで、もともとハンドフレイマーという絶滅武器を装備していたので、4版時代にボルターを持たせて使っていたのですが、ボルトピストルに付け替える作業をしています。右は死蔵しているうちにコデックスから消えてしまった大佐兼政治将校ガーント氏です。ボルトピストル&パワーウェポンという装備をしているコミッサーが手持ちの在庫に他にないので、インファントリー・スカッド付きで実戦配備するつもりです。

 他に、「鋼鉄の征戦」キャンペーン合わせで作業中のモデルもあります。
 


06.04 (Thu) 21:25 [ WH40K ] CM3. TB0. TOP▲
 昨日は名古屋ウォーハンマークラブの定例会に新インペリアルガード持参で遊びに行きました。
(普段ならその日のうちに日記をつけるのですが、ヴァルキリーの最後の仕上げをしたり、ロスターを組んだりを土曜夜半過ぎまでやっていたら寝付けなくなり、昨日は半徹夜で遊んだので、帰宅後まもなく寝てしまったのでした)

 1戦目は、雪兎さんのタウと1500pt戦。ミッション「撃滅命令」で初期配置は「スピアヘッド」。
090531_40Kbattle01a.jpg
 タウは鉄砲玉的にバトルスーツ&バトルスーツ装備HQが縦深攻撃をかける編制なので、初期配置の人数は少なくなっています。この初期配置が敗因の半分くらいを占める結果になりました。1戦目はセンチでプレイしましたが、普段使いの盤面の対角線は200cm以上あるので、テーブルクォーターの奥の方に陣取られると、歩兵の装備している武器は、射程最大のラスキャノン等でも射程が足りず、ブロードサイドバトルスーツとハンマーヘッドに有効打を撃ち込めません。

090531_40Kbattle01b.jpg
 そして、デビルフィッシュの追加装備によるスキャッター振り直しを頼みに、こんな大胆な場所にバトルスーツが降下してきます。もちろん向こうも返り討ちは覚悟の降下ですが、マルチトラッカーやターゲットロックといったアップグレードの恩恵もあって1ユニットで複数ユニットを掃射できる火力を備えています。この1ユニットのフレイマー等の射撃で、プラトーン・コマンド1つとカンパニー・コマンド1つが1ターンで全滅しました。
 結局射程不足&目の前に降りてきたバトルスーツへの対処で歩兵は敵車両を狙えず、ビークルはブロードサイドに毎ターン1両ずつ無力化されていく、という流れで1ユニット残して全滅という完敗を喫しました。

 2戦目は、マイケルさんが製作中のエルダーと1000ポイント戦。ミッションは「目標を確保せよ」で、初期配置は「戦乱の曙」です。マイケルさんが初期配置&先攻決定のロールオフで勝って、3個ある目標のうち2個がある半分を自陣にしたので、ややオッズ付きでスタートです。
 マイケルさんのエルダーは、HQはファーシーア、トループはガーディアン、ダイアーアヴェンジャー、ジェットバイクが各1で、レイスロードとストライキングスコーピオンが加わった編制です。
 序盤でシニアオフィサーが戦死した1戦目とは違って、今回は新IGの「命令」ルールの強みを存分に生かすことができました。やはりシニアオフィサーの命令は強力で、プラズマガン&プラズマピストル持ちのカンパニー・コマンド自身や、ラスキャノン&プラズマガン装備インファントリー・スカッドx2の合体ユニットに「優先目標を排除せよ!」を発して、ターボブースとしたジェットバイクに大損害を与えたり、「大型目標を撃滅せよ!」でレイスロードを撃ったりと、なかなか効率的に使うことができました。結局、岩場に置いた目標を確保するガーディアンは弾数が足りずに排除できず(サイキックパワーで士気テストを振り直すので、全滅させない限り排除が困難でしたが)、ダイアーアヴェンジャーと競り合いになった目標はヴァルキリーに乗ってベテランが抑えに行ったのですが、降車直後の遮蔽物がないところをアヴェンジャーの長射程シュリケンカタパルトで撃たれてあえなく全滅してしまいました。
 それでも、「走れ!躍進せよ!」を駆使して、プラトーン・コマンド等が走った結果、終了が5ターン目ではなく6ターン目であれば、敵陣側のマーカーの6cmに入って引き分け・勝利に持ち込めそうな情勢でした。ジュニア・オフィサーの命令は地味なものが多いですが、「走れ!躍進せよ!」と「伏せろォォォォォ!」は目標確保系のミッションでは、かなり有用だと思います。開けた場所に置かれたマーカーを確保しなければいけないときなどは、「伏せろォォォォォ!」の5+カバーセーブは馬鹿にできないのではないでしょうか。

 そうそう、昨日の初出撃になんとか間に合わせたヴァルキリーですが、どちらのゲームでもあえなく撃墜されました。1戦目は予備戦力から出てきて何もしないままブロードサイドに撃たれて爆散、2戦目はウェーブサーペントのスキャッターレーザーで「クルー昏倒!」を食らって足止めされ、次のターンにファーシーアのシンギングスピアで殴られて(背面装甲値10に自動命中の攻9ヒットを3回)大破しました。
090531_40Kbattle02b.jpg
 こんなに格好いいんですが…
090531_40Kbattle02c.jpg
 モデルが巨大なせいか、みんな本気の対戦車武器で攻撃してくれるので、しょせん12/12/10の装甲値しかないヴァルキリーはあっという間にこの有り様です。
06.01 (Mon) 21:07 [ WH40K ] CM4. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。