上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日の名古屋定例会の最中に買い物に出た雪兎さんが、コトブキヤのMSG(モデリングサポートグッズ。ガンプラなどに使えるデティールアップパーツや、ディスプレイ用のキットなどの製品ライン)の車両モデルを買ってきました。安売りしていたので、ライノなどの代用モデルにならないかと思って買ってみたとのこと。
 装輪車両(MB-22)は、ライノよりもさらに一回り小さく、代用モデルにはちょっと小さいのですが、40Kの車両と並べても違和感ない程度の雰囲気は出ています。

 雪兎さんにつられたのか、さらにらくだ屋さんが下の売り場で「トレーラー・ベース002」というMSなどのロボットプラモのディスプレイ用を念頭に置いたMSGシリーズの製品を買ってきたのですが、パチ組みながら大きさ的にも40K車両と混ぜて違和感のない感じでした。

090329_msg01a.jpg
 ということでわたしも「トレーラー・ベース001」(装輪タイプ)を帰り際に買ってきました。
 帰ってからレポートのために組み立ててみましたが、30分強でパチ組みできます。

 主に1/144のガンプラと合わせることを想定しているために、スケールはかなり小さめで、操縦席部分が少し小さすぎです。しかし、荷台の方はセンチネル用のトランスポーターとしてはジャストサイズです。プライムムーバ―部分をうまく改造すれば、40Kの自作車両のベースとして色々と使えそうです。
 改造プランとしては、操縦席側の車体の後端から縦に生えたジョイント(単なる直径5mm強の棒)を車体の後ろに接いだ自作の連結器部分に移植して、荷台を後ろに下げた分の隙間を使って、プラ板組の40Kスケールの操縦席をかぶせる形で組むというところでしょうか。オプション部品をはめ込むための穴はほとんどが直径3mmなので、3mmプラ棒を継ぎ手に使うことで、自衛用のヘヴィウェポンのマウントをオプションでつけたりといったことも比較的楽にできそうです。
 今回買った物を含めてMSGシリーズのメカニックや○○ベースという商品名のディスプレイ用ベースはパチ組みキットなので、ゆるんだり、はめる勢いで壊れたりしないようにやや柔軟性のあるABS樹脂を素材に使っています。ポリキャップいらずでプラ棒差しのパーツがフィットしそうなのはよいのですが、改造や塗装のときの接着剤や塗料は気をつけないといけません。
090329_msg01b.jpg
090329_msg01c.jpg
 このようにちょっと重心が高くて不安ですが、荷台前半の凹み(ロボットのバックパックをうまく納めるためのデザインだと思われる)部分の周りの突起(緩衝材のイメージ?)を削って、穴の部分にふたをすれば、戦車トランスポーターの荷台にも使えそうです。

090329_msg01d.jpg
 ただし、裏側は40Kの(昔ながらの)モデル以上にいい加減なので、ひっくり返すのは厳禁です。
スポンサーサイト
03.29 (Sun) 23:40 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 本日の名古屋定例会では、Folkenさんの新リザードマンと2250ポイント戦を遊びました。スランを入れるとポイントのやりくりがきついということで、最近のWD誌のリプレイなども参考にしたポイント設定です。
 こちらは2000ポイントのナルン砲兵編制に、さらにアウトライダーとヘルシュトロム・ロケットバッテリーを足してポイントを合わせました。
 リザードマン側のスペルは、スランが炎の魔法体系の「バーニング・ヘッド」以外5つ、エンジン・オブ・ゴッド騎乗のスキンクが天空の1、3、4番とまあそれなりの出目でした。エンパイアはLv2ジェイド・ウィザードが、「沼の女主人」と「泣き風」、Lv1アンバー・ウィザードが「大熊の怒り」と、「泣き風」が多少意味がある以外はかなり微妙な有り様です。
 ロスター修正に少し時間を使ったり、雪兎さんらと雑談しながら(手を止めていたわけではないですが)モデルの準備をしたために、初期配置終了が11時になりました。

 cm使用でご覧のようにエンパイアが引いて布陣したので結局3ターンは白兵戦は小競り合い程度しか起きず、それでも4ターン裏が終わる頃には4時を回ろうとしていて、後の予定のあるFolkenさん帰宅されるので、そこで打ち止めとしました。
090329_fb02.jpg

 4ターンの射撃で、ヘルシュトロム・ロケットバッテリーが3回まともにあたり、キャノンは1ターン目にエンシェントステガドンに4ダメージを食らわせ、モーターもスキンクやザウルスをそれなりに削りと、ウォーマシンは全種類並べただけあって、かなりの戦果を上げました。脅威度の観点から射撃の当たりにくいサラマンダーを狙ってしまったヴォレイガンが振るわなかった以外は、大したミスファイアもなく4ターン時点では順調でした。
 久しぶりのエンパイアのプレイでしたが、結構目測が正確にできて満足です。もっとも目測武器が3つもあるのが4ターンしかプレイできなかった一因だと思われますが。

 エンパイア側の損失は、(1)ひたすら堅い堅いクロキシゴールを撃って、かつ外側につり出す役目をあてがったピストラーが、2回目の突撃リアクションで逃走->再集結に失敗して逃走した。(2)アウトライダーが1ターン目のスペルの集中砲火であっという間に壊滅した。(3)サラマンダーの突撃に対して逃走したらヴォレイガンクルーが盤外まで逃げた。という3箇所でした。
 リザードマンに対しては、(1)クロキシゴールが射撃で半壊(かつピストラーにつり出されたので、たぶん戦線復帰までにハンドガンナーで全滅させられる)。(2)ヘルシュトロム・ロケットバッテリーが2回命中など大損害を受けたザウルスが1/4割った人数でパニック(復帰の可能性なし)。(3)サラマンダーを返り討ち(1ラウンド目は狂気の奮戦で粘られましたが、たぶん5ターン中には逃走に追い込める)。(4)ステガドンが射撃で死亡(スキンクプリーストがLv2に戻る)という損害を与えていました。スラン&テンプルガードには捨てユニット以外で触らない作戦をとって、スランの魔法以外はポイント浪費に終わらせるという方針で臨んでいるので、パニック事故が起こらなければエンパイア側有利の状況かと思います。
03.29 (Sun) 23:20 [ WHFB ] CM6. TB0. TOP▲

 ベインブレイドの塗装ですが、ボディの迷彩の塗り分けがほぼ終わって、色違いの細かい部分の下塗りまで大体すんだという段階です。迷彩の塗り方はエアブラシで大まかに帯を入れるとかやり方を変えようかとも思ったのですが、エアブラシの手入れに使う気力がなかったのと、ベインブレイド1台はニーベルング第51機甲連隊所属(つまりほかの戦車と同じ連隊)という設定なので、これまでの車両と同じ筆塗りでのブロックパターン迷彩にしました。
 スポンソンのヘヴィボルター部分の塗りも終わったのですが、最後の方に面積の広い履帯の塗りが待っているし、車体のデティールを引き立たせるためにDevlan Mudを薄めてリベットやパネルの継ぎ目にさしていったり、エッジングをしたり、汚しを入れたりといった工程も残っているので、これでもまだ半分程度でしょうか。
03.28 (Sat) 23:30 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 帰国後、ベインブレイドの製作作業を再開し、サイドスポンソンのパーツ切り出しとスポンソンの「ガワ」部分の組み立てを終えていました。最後に、「傲慢の要塞」は防水シートとか、スペア部品とかのミリタリー的ゴテゴテは似合わないので、こちらで全部やっておこうとばかり、これまで余らせていたビークルアクセサリをゴテゴテと付けたり、予備の転輪とか履帯を適当に留め具をでっち上げて車体上部にのっけたりして、とりあえずモデリング終了です。
090324_baneblade01c.jpg

 背面部とか外部燃料タンクとかもまだ接着していませんが、とりあえずテープ等で仮止めして写真撮影してみました。
 本日この状態で、各パーツのサフ吹きをして、本体にタミヤのラッカースプレーでざっくりと基本の灰色を吹きました。色々試した結果、ほぼコデックスグレイと同等の色味に仕上がる呉海軍工廠グレイをほぼまんべんなく吹いています。
03.25 (Wed) 01:43 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 さて、昨日海外出張から帰ってみると、出発直前に発送されたPaizoさんからの荷物が届いていました。Army Transportのトレイを注文していたので以上に大きな似姿で、発泡スチレンの緩衝材を片付けたら20リットルゴミ袋4袋にもなってしまいました。

 今回の目玉、シャドウソード/ストームロードも無事届きました。

 パッケージの写真を載せてもあまりありがたみがないので、ディフェンスレーザーに流用しようと思っているシャドウソードの主砲だけ先に組んでみました。組んだ砲身を単体で見ると大きくないように見えるのですが、普通の40Kスケールの砲と並べると巨大さが実感できます。

090318_flak18.jpg
 ちょうど出張中の空き時間に見学した博物館でナチス・ドイツ時代の8.8cm高射砲(兼対戦車砲)Flak18が展示されていて、間近で見ると仰角をとった高射砲の頭上遙かにそびえる大きさに圧倒されましたが、ティーガー戦車の主砲に(改造して)使われた8.8cm高射砲でこれなら、シャドウソードの主砲などは間近では視角に収まらないくらいのサイズなんでしょうねえ。

03.21 (Sat) 22:47 [ WH40K ] CM4. TB0. TOP▲
 15日から海外出張なのですが、買い足す必要が出たトラベルグッズなどを買いにでるついでに、今日は久屋大通駅の少し北にあるセントラル画材という画材屋さんに足をのばしてみました。
 名古屋に越してきてから、専門の画材屋に行くのははじめてです。建築模型用の材料を売っている名古屋の画材屋ということで調べたら、ここが真っ先に見つかりました。

 なぜ、建築模型材料なのか、ということですが、これはアポカリプス向けのモデル作成の素材として必要になったためです。
 来る5月の連休のアポカリプスに向けて、ディフェンスレーザーか「傲慢の要塞」のどちらかは作ってやろうと意気込んでいるのですが、いずれにしても(非常階段とかの床材としてよくみるような)滑り止めに十字目のパターンを打ち出した鉄板を再現するための素材がほしいところです。(ディフェンスレーザーのプラットフォームの床材とか、「傲慢の要塞」の砲塔状のヤリックのお立ち台の床材として)
 ジョーシンやヴォークスでも、エヴァーグリーンの(鉄道)模型用の、シャッターとか屋根材に使えるようなパターン入りのプラ板は売っているのですが、店員さんに問い合わせてもこのシリーズには十字目(ダイヤモンドパターン)のシートがないようです。「傲慢の要塞」の作例では確かにパターン入りシートを使っているので、どこかにあるはず。ありそうなところは?と考えて、普通の建物の床材として見かける以上、建築模型に使うはずということに思い至ったしだいです。

 ということで、セントラル画材さんに行ってみたのですが、やはり予想的中。
 建築模型用のプラ、ABS素材のシリーズに、十字目入りの床材シートがありました。基本的に仕事で作る建築模型用の素材なので、A5くらいの大きさのシートで定価950円とかしますが(^_^;
03.14 (Sat) 23:00 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 今月末、プラキットのストンパとシャドウソード/ストームロードが発売されますが、すでに本国では発売されたのに合わせて、UKやUSの公式サイトの「アポカリプス・データシート」にシャドウソード/ストームロードのキットで組める6種の超重戦車と、インペレーター・バトルタイタンのデータシートが追加されています。

 超重戦車のデータを見ると気づくのが、すでにフォージワールドから出ていた3種類の超重戦車については、フォージワールド製品も新プラも両方使えるようにするために、オプションの組み替えでフォージワールド製品、新プラ両方の見た目通りのデータを作れるようになっていることです。
 ベインブレイドのプラキットの場合は、すでにあったフォージワールド製品を踏まえて、武装の種類やレイアウトは同じで、デザインだけを変更した形になっていました。しかし、今回のシャドウソード/ストームロードは、スポンソン部分はベインブレイド/ヘルハンマーのキットをそのまま流用していたり、車体前方にツインリンク・ヘヴィボルターをつけるようになっていたり、とデザインだけでなく武装もフォージワールド製品とは違っています。
 例えば、シャドウソードは新プラでは主砲のヴォルケイノキャノンの他に、車体前方にツインリンク・ヘヴィボルターを積み、ベインブレイドと同じラスキャノン&ツインリンク・ヘヴィボルター装備のスポンソンをつけています。元のフォージワールド製品では、「ヴォルケイノキャノンとその動力源で車体のキャパをいっぱいに使っているので、サイドスポンソンのヘヴィボルターしか副武装がありません。ラスキャノン等で敵タイタンのシールドを剥がしたり、バトルキャノンやヘヴィボルターで歩兵の肉薄を防ぐ随伴戦車が不可欠です」という設定で、車体の副武装はなく、サイドスポンソンにはラスキャノンの代わりに照準装置を積んで射4にしています。
 前の版までのオードナンスのルールでは、射を上げてもヴォルケイノキャノンには何のメリットもなかったのですが、4版のルールではスキャッター距離が2cm(1インチ)短くなりますね。ラスキャノンx2とトレードなのは結構なコストですが、ヴォルケイノキャノンはブラスト(大)のD武器なので、このずれの差は大きいかもしれません。

 ルール的には一番面白そうなのはベインハンマーでしょうか。主砲のトレマー・キャノンは、60インチ射程、S8AP3、ブラスト(特大)と一見APが低くて微妙な感じがしますが、実はバンカーバスター的に地下で炸裂して爆心から4D6インチの範囲に人工地震を起こして、とりわけ「通行しにくい地形」(移動距離の判定に使えるサイコロが1個減る。普通の歩兵ならサイコロ1つで判定)、スキマーを含む車両については「危険地形」扱いにするという面白いオマケ付きです。オークあたりを相手にぶっ放すと楽しそうです。
03.13 (Fri) 01:08 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 2月中から作っていたベインブレイドですが、3月頭にやや発作的に作業を進めてここまで組み進みました。
090305_baneblade01b.jpg
 仕事が切羽詰まってきたので、こいつは下旬まで放置ということになりそうです。
 それにしても組み上がってくると本当に大きいですね。スポンソンを取り付けると、アーミートランスポートの普通のスポンジには収まらなくなるので、完成したら専用の輸送ケースを作ってやる必要がありそうです。
 組み立て中、塗装中のモデルは、作業時以外はホコリを少しでも避けようと箱に入れて補完しています。車両はだいたい靴の空箱に入れてきたのですが、その靴の空箱にも1つでは収まらないサイズになってきました。

 後は、サイドスポンソンのラスキャノン砲塔を4つ組み立てるほかは、先に塗って組み立てないといけない場所がほとんどです。
 今回、足回りは転輪が左右それぞれ二列に並んでいて、後塗りだと転輪の裏側とかにサフの吹き残しが出そうだったので先に黒アンダーコートを吹いてから組んだのですが、これの作戦は裏目に出てしまいました。アンダーコートの塗膜が邪魔して、プラ接着剤での接着がなかなか上手くいきません。
 特に、一番前の誘導輪と一番後ろの起動輪は車軸で2個組になった車輪を片側の端にはみ出た軸だけで、内側の側面パーツに接着する構造になっているのですが、これがセメントの完全硬化まではぐらぐらしてしまい、その表面に塗膜で接着しにくくなった履帯板を1枚ずつ取り付けるのが非常に困難でした。セメントが乾いてもまだぐらぐらしている部分があるので、後で黒瞬着でも流し込んで固定してやった方がよさそうです。

 今回の製作で、どこが接着面になるかを把握したので、次に「傲慢の要塞」やストームロード、シャドウソードを作るときは、接着面になる部分をマスキングテープで保護して、車輪パーツの裏とか履帯の内側真ん中部分とかの接着面でなく、かつ後からサフの届きにくいところ限定で先塗りしたいと思います。
03.05 (Thu) 23:06 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。