上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 1週間遅れの日記になりますが、先日の名古屋定例会で、Hordesデビューを果たしました。
 前日の土曜の夜に、かなり発作的にHordesデビューしたくなって、一気にくみ上げたウォーパックがこちら。
090228_circle.jpg
 サークルはプレイヤーがぶたぬきさん他複数名すでにいるので、目新しさを狙ってBaldur the Stonecleaver(カタカナ表記はバルダ―?)とElemental Constructの皆さんから作ってみました。
 例会の終わり際に、ちょっとらくだ屋さんとプレイしたのですが、前日始めてカードを確認して予習不足の状態だったので、結構色々勘違いしていました。Baldurのコントロールエリアを見るときに、間違えてCMD値の倍で計ってしまったりとか、WoldwardenのElemental Strikeで唱えられるのがOffensive Spellのみだというのを読み落としていたりとか。

 能力を読む限り、BaldurはElemental Constructと組んでナンボのキャラのようですね。Elemental Constructがチャージ、パワーアタックをフォースなしでできるようになるので、フレンジーの危険がないぶん、同格レベルの普通のウォービーストよりもFuryが1点低くて積極的に運用しにくいという弱点がカバーできます。元々はヒールやランができないという制約もありますが、Baldurなら彼らのヒールもできるので、弱点がランできないことくらいに軽減されます。
 ランできないのでSPD値だけ見ていると他のウォービーストについていけなそうですが、その辺は、WaldwatcherはAdvanced Deploymentで、WaldwardenはShifting Stonesの瞬間移動能力で8インチ追加移動することで、それぞれクリアできそうです。

 問題はこれを全部並べても300点オーバーという程度なので、アーガスをワープウルフに入れ替えて、ユニットやソロを足さないと500点編制ができないということですね。Baldurのフィートはどちらかというと射撃や射程のある特殊能力と相性が良さそうなので、共同購入ではパスしてしまったドルイドあたりを買い足してみましょうかねえ。
スポンサーサイト
 先日GW-USで(神保町でも品切れしていた)レマン・ラス分隊セット(3台分+コマンドタンク用ランナー)の在庫があるのを見かけて、フォージワールドから到着したレマン・ラス・アナイアレーターの車体用に注文していたのが届きました。GW-USはFed-Exで送ってくるのですが、フェデックスの支店がなくて他の宅配業者に委託していた北海道と違って、名古屋はなまじ配送センターがあるために(普通の宅配業者ほど細かく時間帯指定とかができず)受け取りに苦労しました。

 さて、この注文のときに新版が出ていると知って関心のあった「The Imperial Infantryman's Uplifting Primer(帝国歩兵士気向上初等教本)」と、「Imperial Munition Manual」もついでに注文していました。
090223_iiup02.jpg

 どちらも40Kの帝国軍で使われている公式マニュアルという設定で作られた本です。
 ごらんのようにごく小さなものですが、Primerの導入部分を読むと、徴兵時に兵卒全員に配られて、帝国兵士は自分の名前等を書いて肌身離さず携帯しなければならず、さらに戦死時には医務士官と上官による正式の死亡確認のサインを入れて死亡通知代わりにも使うという代物なので、ポケットサイズになっているようです。
 チラ読みしただけでも、「士気向上」と謳うだけあってプロパガンダ色満載でパロディとして楽しい代物のようなので、機会を見て中身を紹介していきたいと思います。

 一番プロパガンダ色が如実なのは、「汝の敵を知れ」と題して各種異種族を概説しているセクションです。嘘八百。オークなんて「オークは一見恐ろしそうに見えるが、本当は人間よりも弱い生物だ。人間よりも大柄で筋肉質に見えるが、オークの筋肉組織はスカスカなのだ。(中略)対峙したときには、君が充填されたラスガンを構えてほほえんでいるのを見れば、オークはたちまち逃げ出して、背中から撃ち放題だ」と書かれています(逐語的に訳していませんが本当にこういう内容)
02.24 (Tue) 00:20 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 今日も毎月恒例で名古屋WHクラブの定例会で遊んできました。

090222_40k1.jpg
 まずは最近完成したばかりのデモリッシャーの使い具合を見るために、F谷さんのダークエンジェルと1500ポイント戦。デモリッシャーの導入を急いだ原因が現行マリーンのアサルトターミネーターの堅さだったので、ある意味うってつけの相手です。
 シナリオは「撃滅命令」、初期配置は「戦乱の曙」です。
 写真は1ターン裏表が終わった段階ですが、デモリッシャーをターミネーターから遠い位置に出現させてしまったのが大きなミスでした。この後、ダークエンジェル側もターミネーターのみが前進してきて、タクティカル、デバステーター、ドレッドノートx2、プレデター・デストラクターはほぼ自陣にこもってしまい、お互いヘヴィウェポンの撃ち合いになってしまいました。こうなるとデモリッシャーの射程の短さがネックになってしまい、インファントリースカッドのヘヴィウェポンをパラパラとまばらに撃ち、ヴェテラン、ストームトルーパーの至近距離でのプラズマガン連射で少人数のスカッドやヴィークルを狙うという展開になってしまいます。
 今回は穴熊マリーン対策になるはずのバジリスクの射撃も振るわず、5ターン打ち続けてスキャッターのヒットが1回だけという有り様でした。そのため圧倒的に手数が足りず、5人編制のコンバットスカッドですら一撃全滅が難しく、建物等の視線を完全に遮るテレインの後ろに逃げられるとキルポイントを稼げません。まあ、さすがに72cm範囲にターミネーターをとらえた瞬間のデモリッシャーの胴体武器一斉射撃は、ターミネーター1スカッドを全滅させるだけの威力はありましたが。

090222_40k2.jpg
 2戦目は、先週末の大垣でのワンデートーナメントでうちのIGと戦うことを念頭に組んだティラニッドを実際に使ってみたい(当日はわたしが休日出勤で休みで、周りはエルダーだらけだった)ということで、雪兎さんと500ポイント戦。
 今回は「敵の心臓部をつけ」で「槍の穂先たれ」。軽歩兵を入れているので、ウィングドタイラント(ワープフィールド付き)とホーマゴーントで接近戦をする気満々の雪兎さんの編制に対して広めに配置して一気にやられるのを防ごうという布陣で臨みました。
 が、予備戦力に回して迂回させたセンチネルが出てきたときには、左奥隅の軽歩兵分隊を倒し終わった敵のホーマゴーント達がテーブル中央に向かって移動しはじめた後だったので、センチネルが完全に遊んでしまいました。
 5ターンで終わっていれば、ぎりぎりティラニッド側のユニットがIG陣地の目標に届かず、まだインファントリースカッドを残していたIG側が勝利できたのですが、6ターン表の突撃でIGのトループ枠の残り2ユニットが全滅したため、勝ち目がなくなりわたしが投了しました。
02.22 (Sun) 20:55 [ WH40K ] CM0. TB0. TOP▲
 先月下旬に5月のアポカリプス戦に向けた増援としてフォージワールドに発注していたブツが届きました。シャドウソード(プラのベインブレイドベースの奴)とハイドラ、レマン・ラス・アナイアレーターのためのコンバージョンキットです。
 実は以前1度フォージワールドから買い物をしたことはあったのですが、そのときは購入したのがインクィジションの真鍮エッチング製シンボルとグレイナイト版ドレッドノートだけでした。レジンキットをこれだけまとめ買いするのは初めてです。

 何を置いてもまずはパーツが揃っているか検品‥‥。
 案の定、シャドウソードの砲身固定具のパーツが欠品しています。なくても組み立てられるパーツで実害は少ないです(基本的に巡航時の振動で照準が狂わないようにするための固定具ですから、戦闘状態を再現するなら倒して砲身を解放した状態に作るでしょうし)。
 しかし、シャドウソードに砲身固定具がないのは画竜点睛を欠くので、クレーム決定。とりあえずメールフォームからメールを送って、明日中に返事がなければ、FAX攻撃することにします。

 レジンなので、やっぱり下処理が大変そう。
090217_annihilater01a.jpg
 砲身とかボディの天板とかぐんにゃり曲がっていて、組み立て前に現品合わせをしつつ湯煎で歪みを直してやらないといけないパーツが結構あります。
 そして、臭い。届いた直後検品したときは、花粉症で鼻が詰まっていたのか、ほとんどにおいを感じませんでしたが、さっき上の写真を撮るために机の上にアナイアレーター用砲塔(今回届いたレジン送料のうちの氷山の一角)を出しただけで、体に悪そうな(しかもシンナーのにおいとも違う)有機溶剤系の悪臭が残ります。
 ‥‥下処理に入る前に、かごか何か風通しのいい入れ物に明けて、ベランダに出して残っている溶剤分を飛ばした方がいいんでしょうか?
02.17 (Tue) 19:54 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
 デモリッシャーが完成して、とりあえず引っ越し時点で抱えていたインペリアルガードの車両の在庫はベインブレイド以外作ったことになります。
 ベインブレイドの製作にも取りかかっているのですが、アポカリプスに備えて兵士の増員もボチボチと進めています。

090216_heavyweapons01a.jpg
 まずはデモリッシャーと平行して進めていたヘヴィウェポン。ラスキャノンとオートキャノンをヘヴィウェポンスカッドの組める3組ずつと、ミサイルランチャーを組みました。アポカリプスでモンスターやガルガンチュアを落とすのに端的にヘヴィウェポンの数を増やせるヘヴィウェポンスカッドを導入したいという魂胆があってこの数をまとめて作りました。
 インペリアルガードのラスキャノンは、コストの割に頼りにならないので、普段のゲームではせいぜい歩兵が2門+レマン・ラスくらいしか入れてこなかったのですが、名古屋での対戦相手の編成癖とか考えるともう1門くらいは増やしていい気がしてきました。オートキャノンも微妙な武器(AP4しかないし、耐4の兵を即死!にできないし、装甲値14にダメージを出せないし)ですが、つらつら考えると、たいてい名古屋で戦う相手には防4だったり、装甲値13だったりするユニットがいるので、ファイア・サポート・スカッドで入れてみるのもありかなと思うようになりました。アポカリプスやるときには、シールド剥がし要因として使えそうです。

090216_specialweapons.jpg
 スペシャルウェポン・スカッド用の兵士です。デモリッションチャージ&メルタガン装備のユニット用のプラミニチュアになります。

 ケイディアはデモリッションチャージ装備モデルが出ていないので、プラ板等で自作してみました。最初の2つは大きくなりすぎてとても投げられそうになかったので、少し大きさを控えめに作ったのが完成版です。形がわかりにくいですが、プレモンさんの「ミニチュアワールド」の自作テクニックも参考に、円形に切り出した2mmプラ板で円盤状の本体をつくっています。デザインはフォージワールドのエリシアン・ドロップトループのデモリッションチャージを参考にしました。
 新コデックスのうわさ話では、デモリッションチャージがなくなるという話は見あたらないので、使えなくなることはないと思うのですが、ここ最近のコデックス(CSMとか)の傾向からすると、「デスワールド・ベテラン」とか「カタチャン○○」といったカタチャンのモデルを使う前提の特殊ユニット専用装備になるということはいかにもありそうで怖いです。(連隊教条はなくなるらしいという噂以上のところでは、カタチャンの扱いは全く不明で、この話はノイズマリーン等4大神レギオンの扱いからの憶測でしかないですが)
02.16 (Mon) 22:33 [ WH40K ] CM2. TB0. TOP▲
090208_demolisher01d.jpg
 大体1回1~2時間くらいのペースで作業を続けた結果、デモリッシャーが完成しました。
 モデリング中にど忘れしていて、うちの車両すべてにつけていたニーベルング出身連隊を表す羽根付きハンマー(ドワーフの盾パーツの流用)をくっつけていませんでした。おかげで筆書きする手間が増えてしまいました。修理不可能なデモリッシャーの補充のために、損耗がひどくて解散された他星出身の連隊の車両を回してもらったので、ニーベルングの工場をロールアウトする際につけられるハンマー印がついていない、とかそんなストーリーを脳内補完すればいいでしょう。

 ちなみに、マーキングの数字は「第1中隊第2小隊1号車」の意味です。これまで塗った3台のレマン・ラスはかなりいいかげんにナンバーを描いていたのですが、それも一度塗り直して規則にしたがったマーキング(111~113)を入れ直しました。車体の「LI」はローマ数字(51)で、ハンマーのバッジとあわせて「ニーベルング第51(機甲)連隊」の意味になります。アポカリプスのアーミー紹介を読んでいると、連隊指揮官が謀反等を起こせないように、歩兵連隊には戦車等はほとんど編入されていないとのことなので、戦車は別連隊から引き抜かれて第13擲弾兵連隊と一緒の戦闘群を組んでいるという設定に改めました。

 しかし、IGのアポカリプスでの戦術を考えると、どうしてもガルガンチュア対策で行き詰まってしまいますねえ。コメントでいただいた「ガルガンチュアにはガルガンチュア」というのは、最悪でも1、2ターン敵ガルガンチュアを拘束できそうで正しい戦術なのですが、帝国と組んでくれそうなアーミーにガルガンチュアがいないという問題が。
 いっそ「未開惑星出身の部隊です」と称して、現行のFBのドラゴンにガーズマン載せたオリジナルのガルガンチュアでも作ってみましょうか;-)
02.08 (Sun) 21:17 [ WH40K ] CM4. TB0. TOP▲
090204_demolisher01b.jpg

 かなり前に組み上がっていたレマン・ラス・デモリッシャーですが、なかなか作業時間がとれないこともあって、なかなか塗りがはかどりません。現在、メインのCodex Greyの塗りが終わって、迷彩パターンに進みつつある状況です。今後エリアトーナメントとかで戦う上で、2+アーマー対策として早めに実戦投入したいところです。

 相変わらず新コデックスの情報を求めて、BoLSとか、WarSeerとかを頻繁にのぞいていますが、どうやら3月リリースのシャドウソードは新コデックス発売とはリンクしていないようですねえ。4月という噂もありますが、5月はじめというのが通説のようです。
 ゴールデンウィークにまたゴブ友会主催のアポカリプス戦が開かれる予定ですが、それが現行IGの使い納めっぽいですね。

02.04 (Wed) 21:18 [ WH40K ] CM6. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。