上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日はホビーホリデー知多半田に出かけてきました。
 天白からだと車の方が速いかとも思ったんですが、走行距離は30kmながら街中か狭い旧街道かという道筋でスピードが出ず、時間もガソリンも予想より喰ってしまいました。駐車場代だけでも数百円はかかってしまうので、次回からは電車ですね。

 アウトライダーのG&Gさんのほかは、F谷さんとわたしだけだったので、F谷さんと2人で、まずはFBで旧ケイオス(ディーモンのみ抜き)編成のF谷さんのアーミーと、エンパイアのグランド・ミストレス(グランド・マスター)編成で2000ポイント戦を戦いました。
 こちらはウォーバナー持ちのインナーサークル13人にグランド・マスター(栄光の月桂冠装備)&ウォリアープリーストを合流させた主力がミノタウルスx10のユニットを一気にぶち破り、さらに返す刀でコーンのチョーズン・ナイトx8と、ケイオスドラゴン騎乗のロードを返り討ちにして、ほとんどの戦果を稼ぎ出しました。結局残りのミノタウルスx3なども射撃で片づけ、最後にはケイオススポーンx2のみを残してケイオス側全滅という状態でエンパイアの圧勝でした。

 残り時間で、ディーモンハンター対ダークエンジェルの1500ポイント戦をやりましたが、ディーモンハンター圧勝かと思ったのが、護衛ユニットが全滅したターミネーター装備チャプレンがサイの目が走ってグランド・マスター&グレイナイトx9の突撃に耐えたり、ドロップポッドで降りてきたディバステーターのサージェントがパワーフィスト持ちなのを見落としてドレッドノートで接近戦を挑みにいって破壊されたりと勝負が分からなくなってきた4ターン終わりで会場の時間切れを迎えました。

 知多半田のイベントは、遊Canさんのイベントに間借りしているので、5時にならないうちに終わります。終了後は、一昨日買ったばかりのモンハンP2Gのランク上げをお二人とたまたま場所を借りた公共スペースで時間つぶしをされていた見知らぬ方に手伝ってもらっていました。
 うあー、モンハンはやっぱり時間が潰れるので時間決めてやらないと駄目ですね。
スポンサーサイト
08.10 (Sun) 21:23 [ WHFB ] CM0. TB0. TOP▲
 さて、今回は1週間ぶりの更新です。
 先週末は名古屋定例会でしたが、その翌日から仕事で札幌に丸々1週間の出張中です。日曜を挟む長期出張ということで、卍丸さんにお願いしてTRCの臨時会を開いていただきました。

 今回持参したのは一番荷物が小さくまとまるWHFBのドワーフを2000ポイントでした。
 2000ポイントの編成は微調整して2種類用意しましたが、内容はこんな感じです。
○基本的部分
・ルーンで防御を固めたグレートウェポン装備の盾乗りのロード(ジェネラル)&ハンマラーx20
・「常に先制」のルーンウェポンと誓いの石を装備したアーミースタンダード&ロングベアードx20
・グレートウェポン装備のウォリアーx20、スレイヤーx15
・スタンダード&ミュージシャン入りのサンダラーx12、ボルトスロアー(エンジニア入り)x2
○変動部分:オルガンキャノンかルーンスミス

 本日の第1戦は、レックスさんのディーモンで、混合編成のロスターが組めていないということでコーンディーモンのみの編成です。
080803_fb01a.jpg

 ブラッドサースターを運良くボルトスロアー1基の射撃2回で倒すことができ、無傷に近い状態で突撃してきたフレッシュハウンドもドワーフロード&ハンマラーの地力で2ラウンドの戦闘で倒し、と序盤で特に手強いところを倒すことができたため、あとはハンマラー、ロングベアード、スレイヤーで残っていたブラッドレターを1ユニットずつ受け止めてランクの厚みとエリート歩兵の高い能力にものをいわせてディーモンをガシガシと削っていく展開になりました。結果はブラッドレター1ユニットをわずかに残すのみのドワーフ側圧勝でした。

 レックスさんの出目の悪さもありましたが、ブラッドレターを1ユニットずつ受け止めればよかったことと、接(WS)5、攻(S)4というドワーフのエリート歩兵とブラッドレター(接5、耐3)の食い合わせの悪さもこの結果につながったかと思います。

 2戦目は、たかのをさんのO&Gとの対戦です。
 こちらはハンマラーを射撃だけで半壊されるなど、例によってたかのをさんのロック・ロバーx2、ドゥームダイバーに悩まされましたが、接近戦ではボアボゥイにボルトスロアー1つをやられた以外は、損害を被りつつも最終的にはドワーフが押し返す展開になりました。

080803_fb02a.jpg
 特にロード&ハンマラーは半壊状態から大活躍を見せ、ウォーボス合流のボゥイズをあっさり返り討ちにして潰走させ、追跡移動で10インチも前進して、さらに後ろに控えていたサヴェッジ・オークも食ってしまいました。
 ほかにも、横にボゥイズ、前にナイトゴブリンに挟まれていたスレイヤーが大反撃で敵を潰走させ、ボゥイズは後ろの「移動できない地形」に突っ込んで全滅、ナイトゴブリンも追いつかれて全滅となりました。
 結局は、こちらも主力2ユニットの半壊、ボルトスロアー1つの全滅とそれなりの損害を被りましたが、旗x3、戦場支配x2とボーナス点も稼いで2000ポイント差のドワーフ側圧勝に終わりました。
 こちらはいい勝負でしたが、サイの目の加減で大きく勝負が傾いてしまいました。
08.04 (Mon) 00:25 [ WHFB ] CM5. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。