上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
080726_severius01a.jpg

 途中経過抜きですが、大審問官セヴェリウスと、デリバラーを本日7/26の名古屋定例会合わせで完成させました。下地状態で放置していたモデルはこれで塗り終わりです。

 せっかく完成したので、本日の名古屋定例会でさかたさんのウィッチ・コヴン相手に実質的な初出動です。
080726_battle01.jpg
 今回はリヴェンジャー経由でセヴェリウスが「Death Sentence」を敵ウォージャックにかけて、スカイハンマーの乱れ撃ちで敵ジャックを吹っ飛ばすというのがメインの決め技のはずでした。しかし、1回目のトライではコヴンのフィートのテキストを読み間違えて、コヴンのフィート発動中にスペルを使ってしまい、闇に邪魔されてスカイハンマーの射撃が通りませんでした。(コヴンのコントロールエリアにいるモデルのLOSが5インチに制限されると思っていたが、改めてフレイバーテキストも含めて読むと、コヴンのコントロールエリアでは5インチまでしかLOSが通らないという趣旨でした)2回目はハウラーにきれいに決まったのですが、あまりダメージロールが振るわず、2~4点程度の小さなダメージがバラバラの部位に入っただけで、スカイハンマー単独で部位ディスエイブルまでは持って行けませんでした。
 ジャック同士の戦闘も、カスティゲーターが先に敵に殴られて片腕がディスエイブルしたので、あまり振るいませんでした。カスティゲーターの両手が使えれば、チェーンアタックで過熱させたり、両手投げを使ったりと色々レパートリーもあるのですが、片腕ではやや攻撃力がもの足りません。(普通の投げではヘルジャック相手には力負けの危険が大きいとみました)
 やはり最後はブースト可能なジャックorキャスターか、ウェポンマスター持ちあたりでとどめをささないと、デリバラーのスカイハンマーのみでは勝負を決めるのは難しそうです。

 さかたさんが、オフェンシブスペルのアタック・ロールを「フォーカスの現在値+2d6」と勘違いしていたり、アップキープスペルが「1モデルに敵・味方のスペル1つずつまで」、「1モデルは同じスペルを複数維持できない」のを見落としていたりと主にスペル関係のところですれ違いがあり、その都度ルールを確認していたので、ちょっと時間がかかってしまいましたが、次からはスムーズに進められるでしょう。
 6ターン終了時で勝負的にはこちらがカスティゲーターを、敵がハウラーを失い、他は双方全滅・破壊できたユニット、モデルがなくVP勝負で引き分けに終わりました。
スポンサーサイト
 すでに1週間近く経っていますが、さる7月6日は四日市の三重県庁四日市庁舎付属棟で行われた、三重のMPC(らったーさん)主催のイベントに顔を出してきました。

 当日は地元の人達が次々病気や休養で参加キャンセルになって、あまり人数が集まらなかったのですが、けっこうみっちりと遊んできました。

 1戦目は、らったーさんのO&Gアーミーを借りたけだまさんとのFB1000ポイント戦でした。
080707_mie00.jpg


 FBを遊ぶのが2回目で、ホイールなどのFB特有の動きに苦戦していたけだまさんですが、トロールを愚鈍させたりしながらも、かなりいいところで内輪もめ判定の6の目を出したりして、かなり調子よく戦いを進めていきます。

 こちらは布陣の関係でプリースト合流のナイトがナイトゴブリンのフルレジメントに正面から突っ込むことになってしまいました。予想通りのフェナティックをアーマーセーブ&「絶対の正義」その他でしのいだので、せめて膠着状態には持って行けるかと思ったのですが、合流していたヒーロー&バトルスタンダードの魔法の武器とウォーバナー持ちバトルスタンダードが効いて、1負けでいきなりナイトが敗走という目に遭いました。
 このナイト、再結集に成功して、どうにか死なさずには済んだかと思ったのですが、再結集直後のターンにナイトゴブリンが通常の内輪もめ判定で6の目を出して、12センチ前進してきて、逃げ場のない状態で再度チャージを受けることになってしまいました。

080707_mie01.jpg

 こちらはウォーバナーをとられていたこともあってひとたまりもありません。

 もっとも、ソードマン&ハルバーディアー対ビッグボス合流のボゥイズの主力対決は、エンパイアのジェネラル(キャプテン)が戦死するなど、かなりエンパイア側に敗色が濃かったのですが、最後の最後でこちらのアメジスト・ウィザードの「ウォーキング・デス」が決め手になって、オーク側の敗走に終わりました。
 かなり拮抗した勝負で、終わってみれば戦場支配の分でエンパイアの辛勝でした。

 その後、昼食を近くのCoCo壱からの出前ですませた後に、らったーさんとも40Kで1500ポイント戦でした。らったーさんは現在整備中のインペリアルフィストでの出撃です。ミッションは「目標を確保せよ!(Secure and Control)」でした。戦利品マーカーの数は3つと出ました。

 080707_mie03.jpg

 2ターン表にディーモンハンター主力のグレイナイト・スカッドが搭乗中のランドレイダー・クルセイダーを撃破しようと至近距離にディープストライクしてきたターミネーター・コマンドに突撃をしかけるグランドマスター・アントニウス!
 射撃フェイズに散々撃ってセーブをさせまくった上に、S6のパワーウェポンで7回殴るので、さすがに1ラウンドで接近戦からはぐれていたキャプテン以外を全滅させることができました。やはりグレイナイトは、キャラが合流してパワーウェポンの数を増やせば、2+アーマー&パワーフィスト標準装備の敵には強いですね。

 左翼は2ターン裏に接近戦を終えたグレイナイトが、敵側にランドレイダーを抜ける武器が少ないのをいいことに、ランドレイダーに再度乗り込んで前進を続けました。

 右翼側は、インクィジター・ロード部隊とストームトルーパーで頑張って、タクティカルスカッド1つを半壊させるところまでは行きましたが、もう1つのタクティカルと、中盤に陣取ったスカウトを排除できません。4ターンほどでこちら側の柔らかいディーモンハンターユニットはほぼ全滅しました。
 5ターン裏にようやくグレイナイト・ターミネーターが到着します。出現場所は……一番マーカー確保の可能性が高い左翼側のマーカー確保の増援に(撃つ相手がいなくなって)前進してきたワールウィンドの背面!出現ズレもなく、狙い通り背面装甲10に3人分のストームボルターを浴びせて移動不能にしとめます。
 これが効いたというべきか、6ターン表のランドレイダー・クルセイダーと降車したグレイナイトの射撃で、左翼マーカーを確保していたスカウトx2を排除して、無事このマーカーだけは確保することができました。

 結果はマーカー確保は2対1で負けましたが、ユニット撃破のポイントで稼ぎ返して、ディーモンハンター側の辛勝でした。
07.11 (Fri) 22:18 [ WHFB ] CM2. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。